Title

フィラデルフィア普通の生活の日記〜その14


信号機 3 マンホール
洗濯鋏 謎の物体
小粋な家具屋 郵便局の前の駐車
ゴミの分別 道端のゴミ箱

←その13へ  その15へ→



信号機 3 アメリカン度
イメージ1
左の信号は青なのに、右のは赤。。。
イメージ1
ちょっとだけ拡大写真

31st St.とChestnut St.の交差点にある信号は、31st St.を北上していくと、片方の向きが変わってしまっているために、赤と青の両方が光っているように見える。こんな状態がすでに4か月以上続いている。。。



マンホール アメリカン度
イメージ1
なんか体によくなさそうな。。。

この国のマンホールは、どういう構造になっているのかは知らないが、中が温かくなっているようで、冬になると、もうもうと煙り(湯気?)が出ている。この煙りは微妙に匂いが付いていて、なんとなく、当たりたくないような、吸い込みたくないような。マンホールの周辺の地面は温かくなっているので、浮浪者が寝ていることもよくあり、困ったものだ。



洗濯鋏 摩訶不思議度
イメージ1
15mくらいあるかな
イメージ1
反対側から撮った写真。二人とも女性か?

15st St.とMarket St.の交差点のところには、なぜか巨大な洗濯鋏っぽいオブジェがある。噂では二人の人が抱き合っている姿を表現しているとかいないとか。。。



謎の物体 摩訶不思議度

フィラデルフィアの町中には、すぐ上の洗濯鋏や傘のオジサンやら、意味のよく分からないオブジェがいろいろとある。散歩がてら、さがして見ると面白いかも。

イメージ2
17th & Vine St.のベンジャミン・フランクリン。
イメージ2
16th & Vine St.の壁からじょじょに出てくる人。
イメージ2
洗濯鋏のほぼ向かいに位置してるオブジェ。何?
イメージ2
さらにこの広場には、よく分からない像もある。
イメージ2
同じ広場にはアイロンもある。
イメージ2
Broad St. & Arch St.のドミノとチェスの駒。



小粋な家具屋 お薦め度
イメージ2
青と黄色が目印。
イメージ2
ミートボール用のソースの素。1.29ドル。
北欧系の家具屋のチェーン店IKEA。センターシティからは車で30分くらいのところにある。売っている家具は、組み立て式なので、その分、他の家具屋にくらべると安い。同じ値段のアメリカンな家具に比べたら、造りが全然よく、しっかり作られているし(じっくり見ると若干ずれているところなどもあるが、、)、デザインもオシャレで人気は高い。店内は2階からなっていて、2階にいろいろな家具が展示してあり、1階は倉庫のようになっていて、そこから欲しい物を取ってきてレジに並ぶシステム(一部、大きな物は会計後に、店員に別の倉庫から出してきてもらう)。配達もしてくれる(が、値段は高いらしい。量が多くても少なくてもあまり値段は差がない、という話しを聞いたことがある。最近は車で運ぶためのロープなど安く売ってくれたりしている)。
1階には家具の他に、ベッド用品、台所用品、お風呂用品なども売られていて、これまた、オシャレで役に立つ物が多く、思わず買いたくなってしまう。羽毛の枕なんて20〜40ドルくらいで売っているが、普通の店で5〜10ドルくらいで売っているのに比べたら格段に寝心地がよい(もう手放せない。。)。
この店は、1年くらい前までは、Plymouth Meeting Mall(バスだとセンターシティから25番のバスで約70分らしい)にあったのが、1kmくらい南に引っ越しました。噂では、サウスフィリーにも店鋪ができるらしい。1階のレジを出たところで売られているミートボール用のクリームソース(の素)はかなり美味しくてお薦め(多分、店内に入っているフードコートで売られているものと同じ物だと思う)。

400 Alan Wood Road, Conshohocken, PA 19428
Tel: 610-834-1520
イメージ2
As is(わけあり、傷物などの)コーナー。たまに掘り出し物がある。
イメージ2
巨大な倉庫。こんな並びが20列くらいある。
イメージ2
倉庫には、床にもたくさん置いてある。



郵便局の前の駐車 アメリカン度

30th Streetの郵便局の本局は北側に駐車スペースがあるのだが、南側の歩道に車を止める人が後を絶たない、ためなのだろうか、片側は鉄柱を立てて歩道に車が入り込めないようにしてある。しかし、反対側の歩道にはいつも車が止まっている。まあ、しょうがないかな。だって、いつもポリスの車も歩道の上に止まっているし(ポリスマンはほとんど見たことがない。車を置いてどこに行ってしまっているのだろう?)。
イメージ2
車を乗り上げられないように鉄柱が。
イメージ2
歩道に止まっている郵便局利用者の車、かな?
イメージ2
歩道に止まるパトカー


ゴミの分別 アメリカン度
イメージ1
今は完全に剥がされていて、跡形もない。
イメージ1
アパートのゴミ捨て場

この国ではゴミの分別というのはするものなのだろうか?基本的には、紙でもプラスティックでもガラスでも金属でも、みんな一緒に捨てているような気がする。ラボでも、ガラスを捨てるゴミ箱が別にあるだけで、あとは実験ゴミも全て一緒に捨てている(ガラスもしばしば普通のゴミ箱に捨てられている)。前いた日本のラボは文京区にあって、たしか文京区は6種類に分別しないといけなくて、生物系のゴミはさらに何種類かに分けないといけないので、かなりゴミ捨ては面倒くさかった記憶がある。。。
うちのアパートのゴミ捨て場は、いちお3種類(普通のゴミ、紙と雑誌、プラスティックとカンとガラス類)に捨てる場所が分かれているのだけど、みんな別にたいして分けて出してないし、特にアパート側から文句を言われたりするわけでもないので、回収する人も一緒にして持っていっているのではないか、と疑ってしまう。この前、ゴミの部屋の扉にリサイクルできるゴミの分別について書いた紙が張ってあったのだけど、いつの間にかビリビリに破かれていました。よっぽど分別なんかしたくない人がいたのだろうか?それとも。。。



道端のゴミ箱 アメリカン度
イメージ1
街灯につないである。

フィラデルフィアは道もちゃんとキレイに鋪装されていなし、ゴミなんかもよく落ちていて、かなり汚い町ではあると思うのだが。。。こんなフィラデルフィアでも道端にはゴミ箱が置いてあったりもする。これをよく見てみるとチェーンでつながれている。こうしておかないと、盗まれてしまうのだろうか?それとも、中身をバラまかれて、車道の真ん中に放り投げられたりするのを防ぐためかな?



MailBox メール ←その13へ トップページへ その15へ→

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO