『ま』の自己紹介

出身地 東京都江東区
誕生日 7月29日
星座 獅子座
血液型 最近はノコギリクワガタ
好きな食べ物 茶わん蒸し、シチュー、チャーハンなどなど
好きなプロ野球チーム(日本) 巨人(松井がいた時の)
好きな自転車のメーカー パナソニック
好きな牛丼チェーン店 吉野家
好きな弁当屋 オリジン弁当
好きだったアニメ トム・ソーヤの冒険、ガンバの大冒険
好きだった番組 特命リサーチ
復活してほしい番組 電波少年
お勧めのマンガ 魁!男塾
使ってるコンピュータ iBook/600 HD20G Combo model + 80GB HDD(、PowerBook1400/G3 333 HD40G)
日本に帰った時やりたいこと 雛寿司で食べ放題の寿司を、気持ち悪くなるまで食べること
大人になったらなりたい職業 Treasure Hunter or 恐竜の骨の発掘
最近の仕事 フィリーズとヤンキースとマリナーズの応援、ホームページの更新、フィリーズの批判
最近の写真 フィリーズ戦を見に行った帰りにロッキーの像の前で → これ
相棒の写真 『みー』と仲間達左をクリック

東京生まれの東京育ち。
2002年3月29日付けで大学院を卒業。しばらく、外国でも行ってみようかなあ、と思いたって、
2002年4月24日からペンシルバニア州のフィラデルフィアにてポスドクをしてます。
現在は、中国人のボス、3人の同僚のポスドク(中国人2人、ロシア人1人)のいるラボで、出芽酵母を材料に研究のようなことをしています。
最近はこんなの(出芽の様子、30分/1秒、624KB)やこんなの(酵母の3D回転蛍光画像、72度/1秒、568KB)を作ったりしてます。
2005年10月4日に日本に帰国。昔の取りこぼしを回収中、の出戻りパートタイマーポスドク。書類上は週30時間労働。実際は。。。


近況報告

日本に帰ってきてから約1か月半。いまさら悪いところを書いてもしょうがないので、フィラデルフィアの良かったところを書いてみよう(東京と比べて)。

1、空気がキレイ。
2、タバコを吸う人が少ない。
3、人込みがほとんどない。
4、食材の物価が安い。
5、駐車禁止の違反をしっかり取る & 路上パーキングが安い。
6、車をきれいにしていなくても、どの車も汚いので目立たない。
7、みんな仕事をしないので、自分もあまり仕事をしていなくても目立たない。
8、ちょっとしたおやつに、スーパーで普通に売られているスナックはあんまり美味しそうに見えなく、健康にもよくなさそうに見えたので、ついついトレーダージョーズとかで、減塩の野菜チップスなんかを買って食べるようにしてしまう。2005.11.14

自分も含めてアメリカに少し住んだことがあると、よく言ってしまいがちな危険な言葉が、『アメリカは◯×△だ。』。しかし実際には、その人(自分)が住んでいる(た)場所のことを言っている場合が多い。アメリカはとても広いので、例えば、フィラデルフィアに住んでいて、『アメリカは信号無視をする人が多い』とか言っても、フィラデルフィア以外では交通マナーの比較的いいところもあるので、『フィラデルフィアは信号無視をする人が多い』と言わないと間違っていたりする。2005.10.22

昨日、ディスカバリーチャンネルを見ていたところ、『危険仕事人:フィラデルフィアの警官』という番組がやっていて思わず見てしまったのだけど、それによると、フィラデルフィアでの殺人発生率は全米の都市で第8位(2003年、ちょっと前にやったのの再放送か?)で、銃で犯罪者に警官が撃たれる確率はNYの3倍らしい。たしかに警官は危険仕事人だ。。じゃあ、住んでいる人は、危険住人か?。。2005.10.19

ここのところ、日本に荷物を送るために大きな段ボールに25キロくらい荷物を詰めたのを郵便局に3度持っていきました(計6箱)。先週末3度目に持って行った時のこと。これまで2回とほぼ同じ重さの段ボール箱を一つ(57ポンド=約26キログラム)を持っていたところ、郵便局の従業員は、『日本への船便は44ポンドまでだから受け取ることができない』との回答。おいおい、何を言ってるんだ、この人は?と思い、『この前は受け取ったじゃないか(受け取った人も奥にいて、受け取ったことを認めた)。じゃあ、なんで受け取ったのだ?』と聞いても、そんなの知らん、と言うだけで、彼等(その場に3人いた)はマニュアルを見せて、『ほら、ここに44ポンドと書いてあるだろう』と言って、詰め替えて持ってくるように言ってくる。こちらは、ちょっと前にUSPS(United States Postal Service)の荷物の値段を計算してくれるページで70ポンド(航空便の最大値)を入力すると船便は値段表示されないけど、60ポンドなら船便でもちゃんと値段が出ることを確かめていたので、57ポンドなら送れるはずだという確信を持っていました。そこで、『君たちの情報は古すぎるんじゃないのか?これは2003年と書いてあるじゃないか』と言ってみたのですが全く受け付けてくれず。次に、『じゃあ、なんでコンピュータ(彼等のデスクに置いてあるレジ)には日本行き58ポンド船便が値段表示されるんだ?コンピュータは受け付けてくれているじゃないか』と主張しても、そんなの知らん、と全く話しにならない。このような、押し問答を繰り返すこと15分ほど。結局、こちらが全く帰る素振りを見せないので(後ろに並んでいる人も結構いた。まあ、それは全く彼等は気にしないかもしれないけど)、月曜日にスーパーバイザーが来るから、その時に聞いてくれと言うので(この日は実験もしたかったし、他にもやることがいっぱいあったので)、仕方なく帰ることにしました。アパートから郵便局はたったの1ブロックしか離れていないけど、26キロを持ち運ぶのはさすがに大変で、行きの時と同様に、途中で休み休み帰りました。

アパートに帰ってから、当然納得がいかないので、USPSの荷物の値段表のページ(PDFファイル)に行って、確認してみると、やはり66ポンドまでになっている。思った通り、2005年にアップデートされていました。その時は、もう営業時間終了のPM2時は過ぎていたのだけど、そのまま怒りに任せて、ibookを持って行き(プリンタを持っていないので)、入り口の守衛?の警官に、彼女が重大なミスをした、と言ってカギを開けさせ入れてもらい、仕事をさせることに成功しました。

本当はこの郵便局の人達のミスだから、荷物を取りに来い、と言おうと思っていたのだけど、それでは時間が掛かり過ぎると思い(いちお、最初に彼女はapologizeと言ったし)、それなら、わざと汗だくで持っていってやろうと思い(どれくらい大変なことなのか、ということをこの人達に認識させるために)、途中で休みを入れずに一気に26キロを運んだら、本当に汗だく。汗があごのところからずっとポタポタ落ちているくらいの汗だく(郵便局の中は普通くらいにしか冷房も効いていなかったので)。さすがに悪いと思ったのか、sorryを連発していました。『コンピューター(彼等のデスクのレジの値段表示)はいつも正しいことを言うんだよ』と嫌味で言ってやったら、『コンピューターはセルフアップデートされる、我々のもアップデートするようにスパーバイザーに言っておく』とあくまでも責任は自分にはないという主張でした。まあ、古い情報のままにしておいたスーパーバイザーの責任と言えば、そうだけど。一番の問題は営業時間中にいないスーパーバイザーであるのは間違いないか。こんなことは日本では、あまりないような気もするが(これは、アメリカでは窓口の人間の仕事は、あくまでもマニュアルに従って、荷物を受け取るだけ。それ以外には何も責任もないし、仕事をする必要がないし、実際に仕事をする気は全くないからなのだろう(してはいけない?))。サービスにはチップが発生する国。自分の与えられた仕事以外をするわけない。やはり英語を本気で使うのはこういう時だけ。この国では、一週間に一度くらいある、よくある日常での出来事のような気もするが(先週も靴を買った時にレジの打ち間違いの直しに20分くらいかかった)。こういうストレスが日常よく起こりうるという環境はやはり耐えることができないなあ。。。

もうこんな嫌なところには二度と行きたくないところなのだけど、まだ送る荷物は3箱くらい出来る予定。次に近い郵便局までは歩いて10分くらいはかかってしまうので、またここに行かないといけない(道がデコボコだらけのフィラデルフィアでは、カートを使っても、10分の距離だと相当の労力になってしまう)。しょうがないので、今度いったら、スパーバイザーは誰かを聞いて、その人にどうして情報を2年もアップデートしないのか?これは信じられないことではないのか?と聞いてみることにしよう。どうせ、また誰かの責任にするんだろうな。。。2005.9.12

そういえば、この国に来る前から、この国では何ごともアポイントメント(約束、予約)を取ることがとても重要で、アポイントメントを取らないと物事は進まない、ということは教えてもらっていたけど、アポイントメントというのは重要視はされているわけではなく、アポイントメントを取っても物事が進むとは限らないということは、来てから身をもって教えられました(学んだ)。本当に約束の時間なんて守らない(守れない)よねえ。。

昨日、いま住んでいるアパートの部屋に次に入るかもしれない人が、部屋を見に来たのだけど、前日に連絡があったので(いつもこういうのは前日の連絡)、部屋をキレイにして待っていたのに、来たのは約束の時間の27分遅れ(約束の時間は軽視される国、必ず半端じゃなく遅れる)。
ちょっと心配だったのが、部屋を見に来る人が、部屋に入る時に、ちゃんと靴は脱いでくれるだろうか?ということでした。昔、コムキャストの人にケーブルテレビの工事に来てもらった時には、靴を脱ぐようにお願いしたら、『これをはいていないと仕事をすることは出来ない』というようなことを言われて、仕方なく、段ボールをカーペットの上に敷いて、その上で作業をしてもらいました。こちらとしては、やってもらわないと困るわけで、やっと来てくれたこの時に(もちろん約束の時間とは違う時間)、とにかく仕事をさせたい。もし腹を立てて、追い返したら、次はいつ来るのかは分からない。彼等としては、このまま帰っても、別に何も困らない。こういう時には理不尽なほどに強気に出てくる(他にも、例えば、DS-2019(ビザ)の更新の時も、こちらとしては、やってもらわないと困るけど、やる側からしたら、やらなくても、特に困ることはない(きっと仕事をしないくらいではクビにならないのだろうな、この国では。そのくらいで解雇していたら、そこら中、失業者で溢れてしまうだろうし)。そういうときは、本当に強気に仕事をしない)。

なので、昨日、部屋を見に来る人に対しても、もし靴を脱いでくれなかったら、追い出せばいいや、と開き直って思っていました。今回の場合、そのまま帰ってくれても、べつにこちらとしては全然困らないので(困るのは見に来る人だけ)。この国では、立場というのが、かなり重要なことが最近よく分かってきました。腹が立つことも多いので、この法則を利用しない手はない(本当は、いつか痛い目にあってもらいたい、とは思うのだけど)。

実際は、『私は日本人だから、これは日本の文化だから、靴を脱いでほしい』ということを丁重にお願いしたら、アパートのオフィスの人は部屋に入らないで、見に来た若い黒人の女性は、こちらの言っている途中ですでにビーチサンダルを脱いで、理解出来る、ということを言って、一人で部屋を見て帰って行きました。彼女の行動には、なかなか好感を持てて、ちょっとアメリカ人を見直しました(本当にアメリカ人かどうかは分らないけど)。これもこちらの立場が強かったからなのだろうか?2005.7.21

普通の辞書にも載っている『JUST』の意味:『まさに、まさしく、ちょうど、ほんの今』など
アメリカに来てから知った『JUST』の意味:『これから』(催促された時に使う。直訳的に受け取ると、ちょうど終わった、という風に聞こえるが、実際はこれからやるときに、非常によく使われる)。2005.7.14

7月になってから平日のニュースしか見られなくなってしまった日本語放送(Comcast、センターシティ)。その朝のフ◯テレビのニュースで、MLBのオールスターゲームのことも報道されていたのだけど、せっかくボビー・アブレイユがホームラン競争で優勝したのに、結局『フィリーズ』という言葉は一度も言われなかった。ジャージもナ・リーグのを着ていたから、どこのチームの選手か全然分からない。。。あと、試合の方は、『イチロー率いるアメリカンリーグが勝利』と言っていたが、先発出場していないイチローのどの辺がア・リーグを率いているのか、教えてもらいたい。。。2005.7.13

昨日、朝、大学に行く途中、アパートの近くの信号のところで小学生の一団に出くわしました。先生に先導されて渡り始めた信号はまだ赤信号。全然、青信号になる気配もないくらいの赤信号。さすが、アメリカ。こんな教育を受けているんじゃ。。。
今日帰りに大学の構内で横断歩道を渡ろうとしたとき、 一台のパトカーがストップサインを無視してそのまま横断歩道を抜けて行きました。見た感じ、特に事件を追っているようでもなく、普通に走っているだけのようでした。さすが、アメリカ。こんな人に治安を守られているんじゃ。。。2005.7.1

昨日のヤンキース大逆転(8回裏に13点入れて、最大8点差を跳ね返しの勝利。その8回裏にはシェフィールド、ロドリゲス、松井秀の3連弾もあった)に興奮して、普段は読まない夕◯フジの記事まで読んでみると、そこには『我らが松井秀喜』の文字。松井は夕◯フジの同類なのか?と思うと、なんだかかなり不本意な気分。。。
ちなみにひさしぶりに読んだ夕刊◯ジの記事はあいかわらず、事実を歪曲したヒドい記事でした。記事には『そして大逆転劇も、松井のバットから始まった』と書いてあったのだけど、8回の大逆転劇は、松井が最初にヒットで出たわけでもなく、最初に打点を入れたわけでもないし、ましてや同点打、逆転打を打ったわけでもない。松井はこの回6人目のバッターで、この回の3点目を入れて、1点差としたバッター(さらに一巡した後、ダメ押しのソロホームランをこの回に打っている)。どこをどのように解釈すれば、松井のバットから大逆転劇という言葉が出てくるのか、どういう世界の野球なら、こういった発想になるのか、ある意味、これはすごい才能だ。この創造力(というべきか?勝手に話しを作り出しているので)は新聞の記者にはもったいない、やはり小説家、あるいは発明家にでもなってもらいところだ。2005.6.22

6月11日に東京でもネーサンズのホットドッグコンテストの予選が行われたようだけど、あまり有名選手がでなかったらしい。客観的に書かれた記事が見つからないので、よく分からないけど、小林尊その他の選手の公式ページをみてみると、小国敬史が20本で予選通過らしい。怪我をしていて、体調が悪かったという話しなので、本番では確実にもっといくとは思うけど、今年も日本人の1、2位独占出来るのだろうか?写真を見る限り、今年も旭鷲山が出場したようだけど、9本のようだ。同じ数だ。2005.6.20

最近、とある事情で、普段使っているiBookのOSを、不本意ながら、OS9.2.2からOSX10.4に変えたのだけど、処理速度が遅くなってしまって話しにならない。。。3年以上前のコンピュータでは、OSXにはついていけないようだ。。。おまけにOSXはマックらしさが全然なくて、本当にマックユーザーには使いにくい。。。2005.6.14

うちのアパート、明日は朝9:00から断水らしい。まあ、たまに断水があるのはしょうがないなあ、とも思うのだけど、しょうがなくないのは、断水のお知らせは必ず前日だということ。もっと早くから知らせることは出来ないのか?(出来ないと思う。だって、ここはアメリカだもの。。)。2005.5.19

→ また今日も断水だったのだけど、やはりお知らせは昨日だった。。。2005.6.14

昨日の朝、ラボに行く途中、アパートの近くの橋の上では3台の車の玉突き事故発生。通りかかった時には、ちょうど真ん中の車に乗っていた人が、潰れた運転席から救助されているところでした(この事故車は、後で移動されて、しばらく橋の上に放置(この車ではない)されていた)。一昨日は、アパートの前で2台の車が衝突して動けなくなったようで、警察が来るの待っている時にちょうど通りかかりました。いやー、自動車事故の多い国だねえ。この国の車はウインカー付いてないからしょうがないかあ(嘘)。2005.5.12

その国の言葉を母国語とする人を『ネイティブスピーカー』というけど、『ネイティブアメリカン』と言うと、本来のアメリカ人、生まれついてのアメリカ人、というわけで、いわゆる『アメリカンインディアン』のことを意味する(道端に普通にいるアメリカ人は元々は他の大陸からの移民なのでネイティブアメリカ大陸の人間ではない)。
『うちのラボは中国人ばかりで、ネイティブアメリカンは、ほとんどいないんだよ』なんて言うのは、人口比率から考えると、たいていネイティブアメリカンはラボに一人もいないと思われるので、そんなに間違ってはいないけど、研究者じゃない人が聞いたら、何を当たり前のことを言っているんだ?それとも、アメリカンインディアンは生物系の研究者になっている人が多いのか?と思われてしまうらしい。。。2005.5.2

聞いた話しでは、東京にある国立大学、某H大学では教職員のメールアドレスを大学公式のホームページに公開しないらしい。理由は一般に公開してしまうと、ジャンクメールがたくさん来るから、というアホらしい理由だということ。じゃあ、どうやって教職員に連絡を取れというのだろうか?電話だけで連絡を取れということなのだろうか?時代遅れも甚だしい。。。
というか、そもそも公開しているだけで、そんなにジャンクメールは来るのだろうか?(一日100通以上らしい)。それって、へんなサイトにいって、自分のメールアドレスを入力しているからなのではないのか?(もし、そうなら、大学からもらったメールアドレス使わないで、そういうことには個人的なメールアドレスを使えよ。。。職場を丸出しで、恥ずかしくないのだろうか?)。
こんなのの給料のために税金が使われているかと思うと情けなくなってくる。。。この勢いだと、そのうち、振り込め詐欺の電話が来るといけないから、電話番号も公開されなくなるな。そうやって、仕事は減っていく。日本でも働かない人は働かないんだねえ。うらやましい。2005.4.16

2週間の春休みから帰って来ました。日本では食べてばかりいたので、体重が少なくとも4キロは増えてしまっている。。。普段のダイエットはこれのため?(ダイエットで減っている以上に体重は増えているのだけど。)。。
最近、ホームページは忙しくてあんまり更新出来なかったけど(ネタがないというのもあるけど)、ボチボチ少しずつ更新していこうかと思っています(日本で十分、栄養を補給して来たし、野球も開幕したので、少し気分的に上向き)。2005.4.4

最近、また外の気温がわりと高いので、風邪を引いてしました(アパートの暖房はすごく強力なので、暖かい日は、室温が軽く32、3℃になってしまう。こんな真夏日状態では寝られるわけもないので、夜、窓を開けっぱなしで寝ていたのが原因か?。明け方は結構冷え込むので)。ただでさえ、ラボの普通の顕微鏡も、いまだ故障していて、研究室の活気がないのに、もう1台ある3D画像を撮る用の顕微鏡も調子が悪いという話し。おまけに、明日(2月9日)は中国の正月なので、同僚の中国人ポスドクの一人は今日の午前中で『ハッピーニューイヤー』という言葉を残して帰ってしまったし、ボスは今月末は学会だし、ますます活気のない状態。やる気でてこないし、だるいし。。。2005.2.8

最近は比較的毎日のように体を動かしているので、毎日どこかしら筋肉痛。昨日、実家の親にとっておいてもらっていたビデオ(ここ半年分くらい)などが届いたので、しばらく文化的な生活が送れそう。だいぶ前のボブ・サップの試合(2004年5月)がやっと見られる。。。ビデオ漬けの生活になると、またジムに行くのをさぼってしまいそうだけど、せめて腹筋しながらビデオを見よう。。。2005.1.20

日本では、最近、福原愛の活躍で卓球が以前よりも注目を浴びているようだけど、中学生の時に結構本格的に卓球をやっていたので、全日本選手権が開かれている今、インターネットで卓球のニュースの記事を読むと、どこの新聞社の記者が卓球のことが分かって書いているのかが、分かってしまう。福原愛の試合中の掛声の記事で、『サンケ◯スポーツ』『ス◯ーツ報知』は全く分かっていない人が書いていることが分かる(あるいは物書きとしてむいていない人が書いたか)。『デ◯リースポーツ』は卓球経験者が書いているように思える(あるいは、ちゃんと取材をしてしっかりとした記事が書ける人かも)。『日刊◯ポーツ』は、おそらく分かっていない人が書いているけど、余計なことを書かずに事実だけをしっかり書いているので、それはそれで悪くない。卓球はわりとマイナーなスポーツなので、ちゃんとしたルールも知らない人が記事を書いていることが多そうだなあ、と思うけど、それならそれで、適当にしないで、しっかりとした仕事をしてもらいたいものだが。。。2005.1.15

アメリカの主要な327の町の安全度(危険度)ランクを付けているページがありました。これによるとフィラデルフィアは24番目に危険な町らしい。フィラデルフィアよりも危険な町が23個もあるとは、さすがアメリカ、奥が深い。でも、フィラデルフィアは面積が広いから低めに出てるだけなような気も。。。2005.1.13

普通に一般公開してある掲示板で、よく見かける注意書きで『質問に対して返答があった場合には、必ず、お礼を書きましょう』とか、わざわざ書いてある掲示板を見かける。お礼も書かないような人間はそういないだろう、わざわざこのような注意書きは書く必要あるのか?、と昔は思ってみていたのだけど、実際、自分で掲示板を作ってみると、そういう人って、いるもんなのだなあ(もちろんちゃんと返事を書く人のほうが多いですが)、と実感。これは今の時代、インターネットで調べたいことを簡単に調べることができるようになったために、『情報』というものの価値が低く見られるようになっているからなのだろうか?2004.12.31

こんなメール来ました。

『Date: Wed, 20 Oct 2004 15:09:27 +0900 (JST)
Received: from [221.186.122.130]
FROM: pink_tail@bbplus.jp
SUBJECT: ゴメンネm(_ _;)m19

いやはや昨日はゴメンゴメン〜。
許してネ〜(人´∀`)今度いつがいい?

麻美』

読んだ瞬間、これは今、流行りのあの返事書くと、どんどん面白い返事が送られてきて、こちらの返事とはあまり関係なく、話しが進んでいって、有料のメールページだかに、誘導されるやつか?、と思って検索かけたらヒットしました。だけど、このメールは返事を書いても、単にたくさんメールが来るようになるだけらしい。つまらん。。。2004.10.22

→こんな
同じようなメールも来ました。

昨日、寝ようとして布団に入ったAM2:30頃。大きな音の銃声が立続けに5、6発。初めて銃声を聞きました。そんな町だとは分かっていたことだけど、けっこうショック。。。2004.12.12

ちょっと前のことだけど、日本で行われた日米野球の第6戦目で松坂大輔が好投したことについて、MLBチームのボウチー監督のコメントを、i-channelでやっている朝の某フジ◯レビのニュースでは、『彼はメジャーリーグで通用する』という字幕をつけて放送していた。しかし、実際は『も』なんてこと言ってないで、単に『彼はメジャーリーグで投げられる』と言っただけ。ボウチー監督が実際そういう意味を込めて言ったのかもしれないが、それは聞き手がそれぞれ解釈するところで、言った言葉自体を変えてしまうのはおかしなことだ。何か視聴者をコントロールしようとしているのだろうか?こんな公正な報道の出来ない某フ◯テレビが日本ではかなりメジャーな報道機関であるということは、とても恐ろしいことだと思う(フィラデルフィアでは、ニュースは主にフジテ◯ビでしか見られないので、批判は集中するのだけども)。2004.11.30

驚いたことに、もう300ドルが戻ってきている(引き落とした記録が消えている。前の時は、取られた分が新たに振り込まれていた)。なんだ、やれば出来るじゃん。と思ってしまっては、いけない、いけない。クレームをつけた結果であって、クレームを付けなければ、きっとお金を取られたままだったはず。なんかおかしい、この国。。。2004.11.21

先週、ATMでお金を引き出そうとしたら、また、お金が出てこなかった。今度は300ドルも。この前の時の教訓を生かして、WAWAのようなわけの分からないところでは、引き出さないようにしていたのに、今度は大学の建物の中のATMでやられました。現在、クレーム付け中。ちゃんと返ってきてくれるのだろうか。また、返ってくるのに1か月以上かかるんだろうか。。。2度もこんなことに会うというのは、運が悪いだけなのか、PNCバンクがダメ銀行だからなのか、それともここがアメリカなのがいけなのか。。。(アメリカが後進国なことは分かっているのだから、いまさら怒ってもしょうがないが。。)。2004.11.12

今日は外の気温が少し高いからか、暖房が付いていなくて、ほっと一息といった感じ。ここのところ、アパートに帰ってくると、窓を開けておいても、33℃とかあって、ほんとにやってられない。。。2004.11.1

夜中、ずっと窓を全開にしておいて、明け方7時頃に閉めて、一寝入りして起きたら、室温は31℃だった。暑くてやってられないぞ、このアパートの暖房。。。2004.10.26

ついにきた。部屋の暖房が勝手に入る季節が。。。最近、寒くなったなあ、と思っていたら、今日からアパートの暖房が入りました。うっ、マジで暑すぎる。。。というわけで冷房を付けています(これなら、まだ寒い方がまし。。無駄に暖房をつけて、冷房を付けざるを得なくさせる。どうして、こんなに無駄遣いが好きな国なんだろう?)。2004.10.14

一年位前に何度か、『Yahoo! Japan』の検索に登録申請(推薦)をしていたのだけど、なんだか今頃になって登録されてしまいました。たしか、Yahoo!の登録のページには3週間くらい審査にかかる、と書いてあったと思うが、どこが3週間なのだろうか。。。Yahoo!の人は、Yahoo!オークションのダメっぷりを書いてあるところ(すべて事実だけど)は、ちゃんと読んで審査してくれたのだろうか?(それで採用なら、Yahoo!の審査員もなかなか。Yahoo!だけにどうせ審査もいい加減なんだと思うけど)。

→ どうやら、Yahoo!は新しくメジャーリーグのカテゴリを作ったために、フィリーズのことが載っているこのホームページが採用されてしまったようだ。フィリーズの日本語のページを個人的に作っている人なんて、きっと他にはこの世にいなかったんだろうな。。2004.9.28

昨日、大学から帰ってくる途中のこと。自転車で普通に青信号で横断歩道を渡ろうとしたら、いつものように右折の車がものすごい勢いで曲がってくる。アメリカの道路法規はどうなっているのか知らないけど、少なくともフィラデルフィアでは、横断歩道で青信号を渡る歩行者を優先させてくれる車なんて、めったにいないのは分かっているので(自分の身は自分で守らないと)、こちらは急ブレーキで横断歩道に入る前に停止(坂道を下ってきたところだったので、ちょっとスピードが出ていた)。すると、めずらしく横断歩道に突っ込んできた車も急ブレーキで停止。そして、『ゴォン!』という鈍い音。どうやら、この車の後ろを走っていた車が、この車に後ろから追突したらしい。そりゃねえ、たいていの車は歩行者なんて無視で突っ込んでいくから、まさか止まるとは思っていなかったんだろうなあ、後ろの車は。フィラデルフィアでは、きっとこんな事故たくさん起きてるんだろうなあ。ちょっといい気味だ(いちゃもんつけられたり、逆恨みされるといけないので、さっさとその場から立ち去ったが)。2004.9.23

フィラデルフィアは治安が悪い。しかし、実際に被害に会っていない、たまたま運の良い人は『危ない場所に行ったりしなければ、全然大丈夫』なんて言ってしまう。まあ、たしかに間違ってはいないが、じゃあ、『危なくない場所』なんてフィラデルフィアにあるの?
日本人の安全基準の感覚で考えると、はっきり言ってしまえば、フィラデルフィアの町なかでは普通の道が『危ない場所』に該当する(郊外の方は、また話しが違ってきて、治安が良いところもあるけど)。
ここにUpennの周辺の犯罪レポートが載っています。Upennの近くは夜中でも警察官が多数徘徊していて、比較的安全な場所ではないか、と信じている人も多いようですが、これを見る限り、強盗窃盗なんて日常茶飯事、年に数件の殺人事件も起きている。特筆すべきところは、犯罪が起きているのは夜ばかりではなく、真っ昼間にも多発しているということ。そして、これは報告した人だけの話しなので、当然、氷山の一角です。このレポートをみると、気が引き締まる。。。
昔ボスに、顕微鏡が混んでいて昼間使えないから、夜に実験するぞ、と言った時、ボスは帰る時間についてかなり心配していたけど、なるほどね(たしかに、自分がボスだったら、許可できないな。)。。2004.9.13

よく経歴欄でみる言葉、例えば、◯◯大学大学院修士課程課程終了(修了)の『課程終了(修了)』という言葉。これはいったい何なのだろう?『卒業』とは意味が違うのだろうか?なにも知らなければ、両者は同じ意味かと思ってしまうが。。。
実際、世間では『課程終了(修了)』という言葉は、卒業に必要な単位は全部取ったけど、卒業論文を書いてない(通らないで大学を辞めた)状態のことを言うらしい。なるほど、、、と一瞬だまされそうなるが、ちょっと待てよ、卒業論文にも普通は単位があって、卒業論文を書いてないというのは、単位をすべて取ったことにはならない。つまり、『単位は全部取ったけど、卒業論文が書けてない』なんて人は存在しない。もちろん、卒業論文が書けていないので、卒業証書ももらえないし、良さそうな言葉を使っているけど、じつは単に『中退』ってことじゃん。
卒業論文を通したのと、通さないのとでは雲泥の差があるのに、『課程終了(修了)』なんていかにも『卒業』に限り無く近そうな(同等そうな)言葉を勝手に作って使うというのは、一種の学歴詐称だと思ってしまうが。というか、それ以前に中退なのに、課程終了(修了)なんて書いて恥ずかしくないのだろうか?(あとで、なんだ中退なのに課程終了(修了)って書いていたのか、とバカにされそうだ。。。どうしても、書きたかったら『中退(卒論以外の単位は取得)』という書き方にして欲しいが)。

→少し調べてみたら、理系では『課程終了(修了)』=『学位取得(卒論通過、つまり卒業)』という意味で使っている大学も、それなりにあるようだ(これが正しい使い方だと思うので問題はないけど)。こういう、正しい使い方をしてしまう人がいるから(別に正しい使い方なので、悪いことはないのだけど)、いい加減な『課程終了(修了)』=『中退』で使う人間が、よりズルイ学歴詐称な人間のように思えてしまう。どっちにしろ紛らわしいので、卒業なら卒業、中退なら中退、とハッキリ書いて欲しい気もするが。。。2004.9.10

最近のちょっとした疑問:『天然酵母を使ったパン』って何?酵母を毎日使って実験している者としては、ちょっと気になってしまう。実験室酵母ではないということなのだろうか?とあるパン屋のページのパン紹介文

『イーストを一切使用せずに、天然酵母のみでじっくりと発酵させるので、粉の風味がそこなわれていません。また天然酵母の自然な抗菌力のおかげで、添加物を一切使用しなくても日持ちがします』

というツッコミどころ満載の文が載っていたのだけど、どうやら天然酵母は『イースト』ではないらしい(おいおい。。。ちなみに『酵母』は英語で『yeast』といいます)。じゃあ、天然酵母って何なの?ますます謎が深まる。。。
普通に考えれば、自然界に存在する酵母を培養などせずにそのまま使ったのが、天然酵母のパンかと思ったが、続きを読んでみると、どうやら、自然界にいる酵母を培養してしまった物を『天然酵母』と定義していて、パンの発酵に適している酵母だけを単離してきて培養した物を『イースト』と定義しているようだ。世の中では通用しない都合のいい定義を勝手に作ってしまって。。。この自分勝手さは、まるで、アメリカ人のようだ。。。さらに続きを読むと『自家製天然酵母』という言葉も存在しているようだ。自家製天然ウナギみたいな感じか。。。訳わからん。。。(別にこのパン屋に特別に思い入れがあるわけではありません。たまたま『天然酵母』で検索したら、一番上に出てきただけです)。2004.8.27

アメリカのテレビ番組は、とにかくCMが多くて、CMの時間も長い、という印象をいつも受けてテレビを見ていたのだけど、今日のオリンピックの女子マラソン、タイムが出ていたので、ちょっとその時間を見ながら観ていたら、ぴったり5分置きにちょうど2分間CMが入っていました。仕事はなるべくしない国とはいえ、テレビ放送まで、ちゃんとやる気がないのかねえ。。。2004.8.22

普段使っているデジカメが急にiBookと接続出来なくなり(認識してくれなくなって)、写真がダウンロード出来なくなってしまって、困っていたのだけど、とりあえずデジカメを初期化してみたら、あっさり認識してくれるようになりました。よかったあ。。やはり、電子機器は初期化するか斜め45度から叩くか、でたいてい直るようだ。2004.8.21

最近、うちの親が日本から送ってくれた荷物(iBookと一緒に)の中に入れてくれたカセットテープに入っていた、うちの親と姪(ちょうど2才)との会話:
うちの親『あんちゃん、お名前はなんですか?』
『お名前は、あんなでーす』
うちの親『何才ですか?』
『ハンバーグでーす』
こんな面白い時期に日本にいないなんて、もったいない。。。2004.8.21

ついにiBookが手元に戻ってきた。もともと液晶画面にはドット落ちが1点あったのだけど、新しくなった液晶にはドット落ちがない。ちょっと嬉しかったりする。
よし、これでホームページの更新もスムーズにできる、じゃなくて、いろいろ論文の図を作ったりするのもサクサクできる(Powerbook1400だと、ホームページの写真(約1500枚)を入れているフォルダは開くだけで5分以上かかったが、iBookなら5秒以内に開く)。
とりあえず、ボスから借りてたコンピュータで保存したデータやら、図やら、いろいろiBookに移さないといけないのだけど、容量がいっぱいいっぱいで、整理に時間がかかる。。。2004.8.19

歯がかけた。。。2004.8.18

うちのラボの同僚の中国人ポスドクは現在、妊娠中です。出産予定日は8/2。って、もう過ぎているのだけど、まだ全然普通に実験をしている。急に産気づいたらどうするのだろう?まあ、たしかに自宅にいるよりも、ラボにいる方が病院は近いし(っていうかラボの隣の建物が大学の子供病院で、渡り廊下でつながっているし)、中国人ポスドクの夫も同じ建物で働いているから、ラボに来ている方がいいのかな?でも、急に産まれたら、やってる実験途中になってしまわないのだろうか?2004.8.3

iBookは送料がかかってしまっても、無料で直せるので(5年間保障なので)、日本に送ったのだけど、もう直ってしまいました(7/25受け付けで、7/30修理完了。予想通り、液晶モニタと枠を交換したらしい。2〜3週間かかると言われていた)。アメリカの感覚に慣れてしまっていたので、2〜3週間と言われたら、1か月以上かかるものだと、思い込んでいただけに、もう出来ちゃったの、どうしよう、、という感じです。さすが、日本人の仕事は速いねえ。2004.8.3

iBookが壊れてしまって、仕方なく7年以上前に買ったPowerBook1400を使っているのだけど、これだと画面が弱いので、画像処理が全く出来ない。と思っていたら、ボスが自分のPowerBookG3の最後期型のを貸してくれました(3年前くらいの機種かな?)。若干、iBookには劣るものの、そんなに悪くもなく、iBookの修理が終わるまで、しばらくは2台使った生活に(ボスのはもちろん英語しか使えないので。。)。持ち運びが重い。。。2004.7.22

今月はちゃんとフェデラルタックスが引かれていた。が、3年目だというのに、手取りは1年目に比べて、2ドル70セントしか上がっていない(額的には低かったけど、フェデラルタックスが取られていない分、手取りは2年目が一番多かった)。もともと安月給なのに、税金が3割以上取られていては。。。2004.7.7

最近、普段使っているiBookの調子が最悪。よく画面に白く線が入って固まってしまう。これは修理に出すと、『モニタの交換で買った方が安い』と言われる症状ではないかなあ。このiBookはソフマップで買った時に、5年間保障に入っているので、日本に帰れば無料で直してもらえるのだけど(買ったのは3年前なので)、日本に帰るまで、うーん、ちょっともちそうにないよなあ。こんなに固まっていては仕事にもならないし。。。どうしよう。。。2004.6.9

ちょっと予想はしていたのだけど、5月から取られるはずのフェデラルタックス、給料明細が来たので見てみると、取られてませんでした。取られてはいけない時に取られて、取られるべき時に取られない。どうしてこうもちゃんと仕事をしないのだろう。。。噂では、あとでタックスリターンの時に差額を払うと、なぜか利息まで取られるということなので、タックス・オフィスに文句を言いに行ったところ、6月からちゃんとやるとのこと。本当なのだろうか?(オフィスの人は、6月も取られてなかったら、また来てくれ、と言っていたが、そうなる可能性は高いよなあ。だって、ここはアメリカ。。)。2004.6.4

で、また製薬会社の人の話し。その後、仕事内容については『実際に面接をされるときに聞かれるとよいでしょう』なんていう訳の分からないメールをくれました。面接の時、『おたくは、どんな仕事をしている会社ですか?』って聞いたら、『君はなんでこの会社を受けたの?』ってことになりそう。
なんかこの人、全然こちらの話しを聞こうとしないし、というか、おそらく本当は仕事内容とか分かってないんだろうなあ、という感じがして、ラチがあかないし、仕事内容が面接までいかなくては分からないのでは話しにならないので、これまでのお礼を書いて丁重にお断りのメールを書いておきました。本当によく分からない人だった。。。この人は仕事内容に関係なく、就職を決めてしまうタイプの人なのか、それともこれまでの研究者人生では与えられた仕事だけを言われたままにこなしてきただけの人なのかもしれない。2004.5.7

先月の末にアパートの契約更新をしたのだけど、そのための書類(提出期限2004年4月30日)、来たのは4月30日。書類に書かれている作成された日も4月30日(金曜日)。当然、アパートに帰ってきて初めて見た時には、オフィスは閉まっています(翌日の土曜日も少なくとも午後は閉まっていた)。まともに仕事ができないのにも、困ったものだが、ちょっとは、お詫びの言葉くらい書け!、と思う(あるいは言い訳でもいいから。まったく、何様のつもりだ。。)。2004.5.4

今月はなんだか忙しかったなあ。。。セミナーもなんとか終ったし、すこしは楽になるかな。でも、来月は最初から、ランディ・ジョンソンが見られそうだし、野茂、石井のドジャースも、松井稼のメッツもフィラデルフィアに来るし(田口のいるカージナルスも来るし、大塚のいるパドレスも来るし)、ニューヨークではまた松井秀vsイチローが見られるし、なんだ、やっぱり忙しいじゃん。2004.4.30

現実逃避で少し更新。セミナーの準備しろよ。。。2004.4.27

この製薬会社の人に、別に悪用されることもないだろうとCVを送ってみたら、急に連絡を取りたがるようになりました(この人の会社に就職する気満々だと、勘違いされてしまったのか?まだ、そんな段階まで話しは進んでいないと思うが。っていうか何も情報を教えてくれてないし)。仕事内容についても全然教えてくれないので(どうもこの人は他人の話しをあまり聞かない人のようだ)、自分で勝手に調べたところ、やっぱりちょっと自分には合っていないかな、という感じでした。せっかくだから、現場で働いている人の話しを聞いてみるのも面白いとは思うけど。2004.4.27

最近、なんとなく忙しいなあ。。。税金の申告は終ったけど、本当なら、去年のうちに投稿しようと言っていた論文の最後に残っている実験が、どうやってもうまくいかないし、来週は結構大きなセミナーで話しをすることになってしまったし、日本に残してきた論文もまた1本投稿出来そうなところまで来たし、次の就職先もちゃんと考えないといけないし。。。
とあるところで知った製薬会社の人に、仕事内容、待遇、給与などについて問い合わせたら、とにかくCV(詳細な履歴書)を送ってくれ、ということで、ほとんど何も教えてくれない。先に選ぶのはこちらなので(その後、むこうはこっちを選んでくれないかもしれないけど)、何が出来るのかとか、条件を提示してくれないと、こちらとしては、何も行動できないのですけども。。。この就職難の時代、やっぱり、最初から、採用する気はないのかなあ。。。まあ、製薬会社じゃ、どうしても就職をしたいというほどは魅力を感じないから、取る気がないならそれでいいし、まあ、気長にやるだけだけど。アパートの契約も更新してしまったし。2004.4.23

この国では、建物の入り口のところに階段の他にもスロープなんかをよく見かけて、ハンディキャップの人に対して優しい国なのだな、そういう意識の強い国なのだな、と思うこともあるのだけど。。。しかし、街中では実際には、普通の歩道を自転車で走っていて思うことは、『なんて走りにくいのだろう』ということ。ガタガタだし、横断歩道のところで段差になっているところは、いちお、スロープにはなっているけども、幅も狭いし、角度が急だし、おまけに道の真ん中にないことがほとんど。結局は、形式上だけで実用的じゃないんだよね。。。実用的じゃなくてもやること自体に満足しているのか、それとも単にそれを実用的にする力がないだけなのか、それとも一部の人以外は本気でやる気はないのか。。。2004.4.15

昨日、アパートの廊下のカーペットが洗浄されたので、廊下が洗剤臭い。。。どうしてこの国では、どこかを拭いたりするのに、洗剤などで拭いた後に、その洗剤を水で洗い流したりするということはしないのだろうか?洗剤をなすり付けることが、『キレイになる』ということだとでも思っているのだろうか?(とにかく臭いからヤメテくれ。。)。2004.4.13

今日、帰りに大学のすぐ近くの交差点で信号待ちをしていた時のこと。一台の乗用車が目の前を通り過ぎて、その交差点を左折していった時、なぜか信号待ちのバスにクラクションを何度も鳴らされていました。はてっ?何があったんだ?と思って間違いさがしをしてみると、そう、この乗用車が進んでいった道は一方通行。フィラデルフィアの運転手は交通規則を知らない人ばかりだけど、一方通行の道を逆走していく車は初めて見ました(間違えて一方通行の道に入ってしまって(逆そうではなく)、バックで激走して戻ってくる車はたまに(よく)見かけるけども)。。2004.3.26

この国でみる自転車はマウンテンバイクがほとんどだが、もちろん、ママチャリのようにチェーンのカバーは付いていない。そんな自転車ばかりで、この国の人達はどういうふうに、チェーンでズボンの裾を汚さないように器用に乗っているのだろう?、と自転車に乗っている人を見てみると、なんのことはない、この国の人達はズボンの裾をたくしあげて乗っている。必要があるのに、どうしてその対策を取るような便利な物は出来てこないのだろう?不思議な国だ。。。(ズボンをたくしあげることで、必要がなくなっているのかもしれないが。。)。2004.3.25

フィラデルフィアでは、『Metro』という無料の新聞が道端にボックスに入っていて、これをラボのある建物のランチ部屋に誰かが持ってきていることがよくあるので、お弁当を食べながら、読むことがあります。この新聞は無料ということもあって、そんなに内容的にいい新聞では無い、とかいう噂。内容とはあまり関係ないけど、先週の金曜日(3/19)のこの新聞には、先々週にすでに終ったフラワーショー(〜3/14)の広告が大きく載っていました(日付け入りで)。たしかに、わけの分からない新聞だ。。。2004.3.25

昨日、4月からの新しい契約書みたいなのにサインをしたのだけど、オファーの日付けは3月10日。こちらがサインして書いた日付けは3月9日。おいおいオファー前にサインしちゃってるよ。。。アメリカでも、お役所仕事は融通が効かなくて腹が立つことは多いけど、こういうところは、とにかくズサンで誰も気にしない。。。(日本だったら受け取ってもらえないで、戻ってきそうだけど)。2004.3.10

最近、ラボの入り口のところの蛍光灯(天井に埋め込まれてカバーされていて、直接は見えない)が点灯しなくなったので、また、なにかシステムがおかしくなったんだな、と、そう思い込んでいたら、単に蛍光灯が寿命で切れただけでした。普通に考えれば、それが一番当たり前のことなんだけど、どうもこの国にいて、不自然な日常(例えば、信号機が停電になっているなんて、別に珍しいことではない、ということとか)に、普通に接していると、考え方がずれてきてしまうのかなあ。。。2004.2.24

最近知った衝撃の新事実!うちの学部から出ている毎月のポスドクの給料は『stipend』というらしい。これは『給料』という意味よりは『奨学金』とか『おこづかい』とか『ギリギリの生活費』という意味合いらしい。どうりで。。。。2003.2.22

4月から給料は上がるはずなのだけど、フェデラルタックスを取られるようになってしまう。この2つの額を考慮に入れて、4月からの給料の手取り分を計算してみた。今よりも、さらに6ドル安くなるらしい。。。先月から、新しく2種類税金を取られるようになって、でも、4月からは給料が上がるし、それまでの辛抱と思っていたのだが。。。2004.2.16

よくある『あなたの適正収入を査定します』というのをやってみた。送られてきた適正収入というのは(アメリカにも郵送してくれる)、今のちょうど1.7倍だった(1ドル=105円 計算)。ふぅ〜(おまけに、税金も高いし)。2004.2.12

ブッシュ大統領ってすごいなあ。頭のネジが何本も外れてしまってるみたい。実際に発見できなくても、イラクに大量破壊兵器を作る能力があるから、ってことが戦争開始の理由として通ると思っちゃうんだもん。誰か、ブッシュは銃で人を打つことが出来る能力を持っている人間、だということで、殺人罪で捕まえてくれないかな。。。2004.2.10

ほぼ1か月休みを取っていたけど、ちゃんと給料が振り込まれている。それは良いことだが、カレンダーイヤーでこの国に来てから3年目に突入してしまったので、その額がすごいことになっている。まだ、フェデラルタックスは取られていないけど、ソーシャルセキュリティータックスとメディケアタックスというのが、合わせて200ドル以上も今月から引かれている。もともと安月給に加えて、この円高。給料は上がらないのに、こんなに税金を取られてしまっていては。。。(実際、ドルで見ても1年目よりも手取りが少なくなってるし、円に換算したら、って換算するのは怖くて出来ない。。。)2004.2.10

クリスマス後の週末にニューヨークシティに遊びに行ったのだけど、フィラデルフィアに帰ってきてみて、しみじみ思うことは、フィラデルフィアって田舎だなあ、、と言うこと。ほんとに何にもない小さな町だ。。だけど、某イサカとか、もっと小さい町もあることだし。。。2004.1.2

いまや、外国にいても、インターネットで日本のニュースが簡単に読めて便利ではあるのだが、簡単に手軽に情報が入るからこそ、嘘情報を載せるのはやめてほしいと思う。
野球に関して言えば、特に『夕刊◯ジ』と『スポーツ◯ビ』。ここの記者は、もしかしたら野球のルールすら知らないのではないか?と思うことがよくあるくらいヒドイ記事を書く(『夕◯フジ』は野球以外の記事もヒドイが。。)。
例えば、今日の『ス◯ーツナビ』の記事:巨人の入来が、日本ハムにトレードされるにあたって(入来は日ハムに来オフのポスティングによる大リーグ移籍を要求しているのだが)、この記事には『日本ハムが何のメリットもない、来オフの大リーグ行きを容認する理由はどこにもない』と書いてある。『ポスティング制度』とは簡単に言ってしまえば、選手を競売にかけて他球団にお金で売る制度であって、球団側にそのお金が入るので、メリットがないというのは大嘘。オリックスがイチロー(現マリナーズ)のポスティングの時に1150万ドルを、ヤクルトは石井(現ドジャース)の時に1126万4055ドルを手に入れたことを、まさか知らないのだろうか?(入来の場合は格段に安いとは思うが、来シーズンの活躍次第では数百万ドルになる可能性もある)。また、この記事には『当初、当然の権利のように思っていた入来側も、最後は仕組みを理解し折れざるを得なかった』とも書いてあるけど、ポスティングの仕組みを理解してないのは、これを書いた記者なのだけどね。
個人的な感想の入った記事を書くのはいいが、個人の趣味でやってるホームページじゃないんだから、事実をねじ曲げて書くのはやめてほしい。『またウソ記事書いてるよ』と分かる人はいいけど、信じてしまう人だっているんだから。。。それ以前に、こんな全然野球を知らない人間が野球の記事を書いてること自体が許せないかな。2003.12.24

先週の土曜日に、1月中旬に日本に帰省するために、航空チケットをHISニューヨーク支店(電話をかけると、まず日本語で出てくる)で取りました。金曜日にチケットの状況を聞いた時は、とくに安売りのチケットはなくて、どこの航空会社のも同じくらい値段だったので、JALかANAで取ろうと思っていました(フィラデルフィア発がJALで720ドル、ANAで735ドル、ニューヨーク発がJAL、ANAともに620ドル(アムトラックでフィラデルフィアからニューヨークまでが往復で約100ドル)。価格は全て税抜き、基本料金のみ)。今年はこんなもんかなあ、と思って(去年はフィラデルフィア発でアメリカンエアーラインで580ドルだった)、土曜日に電話したら、ちょうど、この日からスペシャル価格のチケットが出たということで、ニューアーク発(ニューヨークの隣の空港。ニューヨーク(JFK)よりも、フィラデルフィアからは全然行きやすい)でコンチネンタルで、530ドル。しかも乗り換え無しの成田まで直通ということで、これに決めました(JAL、ANAのサービスはいいという噂なので、ちょっと乗ってみたいとも思っていたけど、次の機会に。。)。金曜日に取ってしまっていたら、こんな格安チケットは取れなかったし、だけど、復路のチケットは、もうほとんどない状態だったから、すぐに取りたかったし、チケット取りのタイミングって難しい。。。ちなみに、このチケットをアメリカで有名な旅行代理店expedia.comで取ると、900ドルらしい。やっぱり、日本に行くなら、日系の代理店で取るのがいいようだ(特別価格のチケットを持ってるから)。2003.12.22

さすがはクリスマス前。ボスも今日の午後から1月4日までバカンスで休みということもあり、うちのラボには、PM3:30で他には中国人2人しか残っていません。中国語しか聞こえないラボって。。。2003.12.19

この前、ミツワに行った時、コタツが売られてました。値段は199ドル(小)、299ドル(大)。小さいのでいいからほしいなあ。。。2003.12.18

うちのアパート(約400室)では、毎月、人知れずに抽選が行われて、『50ドルのギフト券』なんか当たったりするのだが、たまたま今月チェックを入れてみたら、うちの部屋の正面の部屋が当たっていました。あれっ?ここって先月、引っ越して行って、まだ誰もいない部屋じゃん(webで確認済み)。いったい、この50ドルは誰の手に?(いつもはこの抽選をチェックしていないだけど、毎月、人のいない部屋が当たっていたら面白いな)。2003.12.10

今週、うちの実家(東京)の親が、今はやりの『オレオレ詐欺』師から、勧誘?の電話を受けたらしい。内容は
 
詐欺師『(名前を名乗った後)株を買っちゃたら利息だけ貰っちゃって元金を払っていないから、支払っておいて』
うちの親『どこの株買ったの?』
詐欺師『(少し考えてから)吉田製作所』
うちの親『どこの証券会社から?』
詐欺師『高校の友達から。佐々木。』
うちの親『高校どこだっけ?(この時点で完全に偽者だと分かっている)』
詐欺師『か  』ガチャン(電話切れる)。

何かの名簿から、名前だけを調べた無差別詐欺のようです(高校の名前の最初の一文字目の『か』は合っているから、高校に関係した名簿か?)。その家の息子がどこの国にいるかぐらい調べておかないと、なかなか引っかからないのでは?株の知識も全然無いようなので、『この時期にすでに配当金が貰える株はあまり無いんではないか?』、とうちの親は、最初から変だな、と思ったそうです(っていうか、あなたの息子は『株』には全然興味がありません。別の『株』なら毎日使って実験してるけど。 → 酵母の細胞のことを『株』という)。でも、うちの親は声は似ていた、と不思議がっていた。まあ、電話の声なんてみんな同じに聞こえてしまうもんだけど。この詐欺師は『数打ちゃ当たる』的にやってるみたいです(1000人にかけて、一人でもお金を振り込んでくれたら、大成功なんだろうけど)。
ついに、身内までにもこんな電話がかかってくるとは、ほんとに詐欺が流行っているんだなあ、と実感してしまいます(不景気だから?)。ちなみに、詐欺師『アクアマリン宮原徹』は、いまだに逮捕されていないようだし、『ハヤジジロウ』にいたっては完全に逃げ切ってしまったようです。
日本では『有料サイトにアクセスしたから接続料を払え』、という『無差別債券回収メール』がまだ流行っているようだけど、残念なことに一度ももらったことがありません。日本にいないからかな?(最初にこの詐欺を思い付いた人は8000万円を手に入れたというから、たいしたものだ。全く逮捕もされそうにないし、そりゃ、真似する人は出てくるよなあ。。)。
アメリカでは、こんな英語の詐欺メールがきます。興味ある人は読んでみて下さい(内容は『1000万ドルの遺産があるのだけど、なんか援助してくれたら、お礼をするよ』って感じのことが書いてある。かなり稚拙な詐欺。まず、文章が長過ぎて読む気を起こさせない。詐欺の基本?がなっていない。でも、騙されるアメリカ人はいるらしい。。)。2003.12.5

明日はサンクスギビングデー、ということで、今日はお昼に他のラボと合同でランチパーティーみたいなのがあったのだけど、参加者は2個のラボ合わせて、18人。そのうち中国人は12人、中国人だらけ(もしかしたら、1、2人は韓国人か、ほかのアジア人かもしれない)。うちのラボだけでも中国人4人だし。でも、中国人の作ってきた料理は美味しかった。。。2003.11.26

いやー、電話は難しい。もごもごしてて何言っているんだかよく分からん。今日、掛かってきた電話は、多分、保険のことでなんか送るけど、住所あってるか?っていう電話だったんだと思う(今週中くらいに、ちゃんとアパートに何かが届けられたら、そういうことで合ってたんだろうなあ。もし、何も来なかったら、こちらの言った住所を聞き取ってもらえなかったか、そのうち何か送る時の住所の確認だったか、と解釈しよう)。はぁー、何ごとも不便。。。2003.11.17 → 結局、なんか送られてきた。

この国で腹が立つことの一つにアホな黒人の行動がある(すべての黒人がそうと言うわけではないと思うが)。フィラデルフィアは黒人が多いことでも有名なのだが、彼らはちゃんとした教育を受けていないため、行動は横暴なことこの上ない(前にも書いたが罪悪感がないところが困ったところ。おまけにお金もないので、責任を取ることも出来ないらしい)。彼らのやっている間違ったことを、こちらのつたない英語では、ちゃんと批判出来ないところ(彼らの失礼な行為を、彼らに謝罪させられないこと。こちらの怒りが伝わりにくいところ)が歯がゆい(そのため、さらに腹立たされる)。すべての黒人がそうというわけではないと思うが、出来るなら、なるべく彼らには近付かない方が無難。こんな腐った国からは早く帰りたいなあ。。。
多分、あまり彼ら黒人について何も知らなければ、単にバカな奴らがいる、と怒るだけで済んでいたのだろうけど、いろいろ彼らの生活について教えてもらってしまった後では(それが仮に誇張されているところがあっても)、もう彼らに関してはただ道を歩いてるのに対しても『嫌悪感』が出てくるし、誰とも知り合いになんてなりたくもないとも思う。アメリカ来るなら、フィラデルフィアみたいに黒人の多い都市は避けた方がよい。2003.11.16

松井が新人王を取れなかったのは良かったことなのだろか?それとも。。。
日本で何年もやってきたきた選手を新人扱いというのは、かなりおかしな話しだが(ある意味、日本の野球を馬鹿にしてる態度が根底にある気がするのだが)、環境が全然違うのだから、新人であるといえば新人なんだけど。。。
できれば、誰か圧倒的な成績を残して、『僕は日本で何年もやってきたので、新人王はいりません』と言ってくれたら面白いのだけどね(イチローはそう言ってもおかしくなかったとは思うけど)。
実際には、日米の野球でほとんどレベルの差なんてないのは事実。バリバリのメジャーリーガーというふれこみで日本に野球をしにきたプレーヤーで、1年目から活躍した選手なんて、ほとんどいないし(たいてい『大型扇風機』とか呼ばれて帰っていく)。そういうわけで、彼らにも日本球界の新人王の資格をあげるべきか?2003.11.12

先週あたりは、忙しかったのと、疲れていたので、外食が多くなってしまったけど、ちょっとひかえて、ちゃんとした生活をしないと。どうも、普段、ジムで使っている靴は、卓球用のシューズなので、ルームランナーで10kmとか長距離を走るのにはむいていないようで、足を痛めてしまうみたい。まずはちゃんとした靴を買わなくては。半年くらい前に体脂肪率計を買って、それなりにダイエットをはじめてから、6、7キロくらい落ちたので、あと2キロくらい落とせれば、日本にいたときと、だいたい同じくらいになれる。もうちょっと。2003.11.12

あと、ワールドシリーズをテレビで見ていて、出てきた『encarnacion』という言葉。辞書で調べて意味が分からず、何なのだろう?、と思っていたら、じつはマーリンズの外野手の名前でした(英語字幕は全部大文字なので固有名詞かどうか分かりにくい)。英単語って難しい。。。2003.10.23

昨日のワールドシリーズのテレビ中継でFOXの解説者が、日本の『日本シリーズ』のことを言うのに、『ワールドシリーズ in ジャパン』とかいう言い方をしていた。意味は分かるが、なんか変な言い方だ。(松井が2000年の日本シリーズのMVPだった、ということを言う時に言っていた)。2003.10.22

昨日、昼食時に、ランチ部屋に置いてあった新聞をちらっと見ていたら、『マイク・シュミットがフィリーズの監督に就任』という記事が載っていました(マイク・シュミットはフィリーズのOBで球界を代表するスラッガーだった人)。おっ!ついにダメ采配の現監督のラリー・ボーワは解任か?これで、フィリーズも少しはましになるか?ただ、一つ分からない単語『clearwater』ってなんだ?と思っていたら、あとで、ネットのMLBの日本語のニュースで、『マイク・シュミットがフィリーズ傘下の1Aクリアウォーターの監督に就任』というのを見つけました。clearwaterはチーム名だったとは。ボーワのダメ采配はいつまで続くのだろう。。。2003.10.15

今期もまたi-houseの英会話のクラスを取っているのだけど、今度のクラスはちょっとイマイチかな。
まず、人数が多い。アジア系の人がほとんどなので、みんな休まずに授業に出てきてしまう。あとから入ってきた人もいるので、今は8人にふくれ上がってしまっている。
あと、先生の教え方が、かなりイマイチ。人数が多いので、グループに分けて、課題のようなのをやらせるのはいいのだけど、その間、先生はほとんど、何もみてくれない、教えてくれない。この前なんか、生徒同士で発音(RとLの違い)をやらせていたが、お手本を示してくれなきゃ意味ないじゃん。せっかくネイチィブスピーカーなんだからさ。
前もそうだったけど、アメリカ人の先生は教え方が下手というか、やる気がないというか。。。これがi-houseの限界かな。。。(逆に、アメリカ人じゃない先生だと教える熱意が伝わってくるから面白い)2003.10.12

いやー、なんか本格的に寒くなってきた。先週は3℃まで気温が下がったとかいう噂だし。うちのアパートも一昨日から勝手に暖房が入ったのだけど、例によって、暑い!なので、たいして布団を掛けないで寝るのだけど、朝になると消えているので、朝は寒くて起きてしまう。ほんとにわけわからん。。。2003.10.8

この国ではレストランなどでは、決められた値段の他に15〜20%のチップを払うことになっているのだが、たまに、レストランの宣伝のところに、何%のチップを払うようにわざわざ自ら書いている店がある(shouldを使っている)。う〜ん、なんかすごく違和感を感じる。チップってその店のサービスに対して払うものであるんじゃないのかなあ?強制されて払うものじゃないと思う。
というか、そもそも、チップなんてなくして、チップ代もその料理の値段に含ませろよ、と思うのだけど(強制する店もあるくらいだし)。だけど、この国は小狡い国だから、そんなことしたら、店側がチップ分は着服してしまうのだろうし、ウェイターのサービスなんて最低限以下になってしまうような気もする。2003.10.7

フィラデルフィアでは珍しことではないけど、信号無視の車にクラクションを鳴らされると、やっぱり、かなり腹が立つ。2003.10.7

あと、昨日は少し、ニューヨーク市内も車で走ったのだけど、マンハッタン島のある交差点で、信号が黄色になったので、止まった時の話し。その信号は、それから1分くらい黄色のまま。うしろの車はクラクションを鳴らして来たけど、この国の交通規則では、『黄色は進め』なのだろうか?で、赤になったはいいのだけど、今度はずっと赤のまま(交差してる道では車がバンバン走っている)。いちお、信号は変わっていっているみたいではあるので、しばらく赤信号のまま待つことに。で、『行きたいのならば行けば』、と思って、ちょっと車の位置をずらして、後ろのクラクションを鳴らしてきた訳の分からない車が通れるようにしたら、後ろの車は、信号無視して交差点に突入して左折してしまいました(当然、交差してる道の車にクラクション鳴らされまくり。よく事故起きなかったなあ。っていうか事故ればよかったのに)。結局、5分くらいで青に変わったのだけど、ニューヨークは信号もドライバーも無茶苦茶だ。2003.9.29

まったく、どこの国でもそうだけど、車を運転してるところにとやかく言って来て、余計なお世話をしてくる人間はほんとに頭に来る。昨日、アパートの前のローディングゾーン(20分だけ車を止めておいていい所)から、車を出す時、あんまり前後の間隔のないところに入れたので、なかなか出せなかったのだけど、そうしたら、アパートのドアマン(野球の分かるオジサンではない人)が出てきて、あれやこれや、よく分からない黒人英語でわめいて、おまけに手まで出してきて。なぜ彼が出てきたかというと、すぐ前に止めていたのが自分の車で、ぶつけられたくなかったから(だと思う。この国では前後の車にぶつけて、駐車をしたり出したりするのは普通のこと)。じゃあ、君が自分の車を少し前に出せば、いいじゃん。っていうか、君が止めている所はローディングゾーンなんだから、ずっと止めておいてはいけないんだよ(おそらく前日の晩から止めている。ものすごく迷惑!!!)。どうせワガママなブラックアメリカンだから、そんなもんだけど。
もうすぐ、アメリカに来て、1年半になるけど、なんだか、この国のイヤなところばかり目についてしまう。まあ、そんな国なんだろうけど。この国に長く住むには、よっぽど神経が強くないとやっていけなそうだ(あるいは自分も、アメリカ人同様にワガママに振舞うか。あーぁ、はやく日本に帰りたい。。。)。2003.9.29

この前、やってたニュースでブッシュ大統領の支持率が下がったというのを言ってました。それでも、支持率は56%。っていうことは、アメリカ国民の半数以上が戦争に賛成していると、考えていいのだろうか?なんて恐ろしい国だ。。。(だけど、今のアメリカがあるのは、過去の戦争のおかげだから、うーん、そういう国なんだよなあ。。)。2003.9.15

現在、アメリカではカーナビなんて物は全然普及していない。おそらく、今後も普及はしないと思う。なぜなら、アメリカでは、機能が充実していて、使い勝手が良くても、値段が高いものは全然好まれないから。機能や使い勝手よりも、値段の安い物が好まれる。さらに、もう一つ言うと、アメリカ人には使いこなせるかも疑問だ。コンピュータを全然使えないアメリカ人を見るとそう思う。そして、最大の理由は、車のなかにカーナビなんて置きっぱなしにした日には、当然、すぐに窓を割られて盗まれてしまうだろう、ということ。もちろん、一部のお金のある人の間では、ある程度普及するかもしれないが、すれ違う車にカーナビが搭載されているのを見つけることは、今後も、まずないだろう、カーナビの値段が100ドル以下になるか、アメリカの治安が日本並みにでもならない限り。。。2003.9.7

最近、うちのアパートは電気系統の調子が悪いらしく、昨日は点検するため、朝の8時から『1日中』停電という、お知らせが来ていたのですが、結局、停電だったのは、11時半から3時半くらいまでだったらしい。アメリカの『1日中』は短いなあ。2003.9.4

そういえば、学会の会場は、もちろん冷房がガンガンに効いててものすごく寒かったのですが、停電から復活後も、やっぱり、同じようにガンガンに冷房を効かせていて、この国では、冷房とかの使い過ぎで、停電になったのでは?という考えはこれっぽっちもないのだろうか?(この国では、これは愚問過ぎるかも。。。)2003.8.22

よく、ネットオークションで、『ためになる情報を売ります』みたいな出品を100円とか200円で、出してる人がいる。昨日、こういう売られている情報というのを、公開してる人のページにたまたま行って、読んだのだけど。。。。うーん、しょうもないのばかり、というか、犯罪というか、知ってるよというのばかりで、『おぉ〜、すごい!!!』という情報が全然ない。こんなの3円(振り込み手数料とかなしで)くらいなら、買ってもいいけど、それ以上は出さないなあ。。(読みたい人がいたら、メールで送るので、言って下さい。ほんとにしょうもないのばかりですけど)。2003.8.22

フィラデルフィアにはアフリカンアメリカン、いわゆる黒人がおおい。黒人はあんまり努力をしない人種らしい。これは、過去に白人に虐げられてきた歴史(努力しても全て白人に搾取されてきた歴史)の背景があるのは分かっているのだが。。。フィラデルフィアでは中心地のちょっと外側の辺りには、特に黒人が多く住んでいる。彼らは努力をしない上に、罪悪感というのがあまりないらしい(歴史的なこと以外にも、問題はあるとは思うが)。何か悪いことをしても、なんとも思わないらしい。そのあたりに買い物などにいくと、当然、そういう人達にたくさん会う。アメリカという国を嫌いになりたくないのなら、なるべく、そういうところには近付かない方がいいと思う。2003.8.11

よくある午後の風景
実験が一区切りついたので、午後2時くらいに、お弁当を持ってランチ部屋に行ってみました。そこにいたのは、中国人5人と韓国人2人。それぞれ、中国語、韓国語でおしゃべりしてました。あれ?ここはアメリカだったのような気が。。。
よく、1年もアメリカにいると、お茶部屋などでの、雑談が聞き取れるようになってくるというが。。。うーむ、この環境では難しそうだ。。。2003.8.7

アメリカ人の交通規則(を知らない人間が推測した交通規則)の追加

7、STOPサインと横断歩道が並んでるところでは、STOPサインで一旦止まりさえすれば、横断歩道を渡ろうとする人がいても、車が優先される。
8、信号機がついてる横断歩道前の車用の停止線には、特に意味はない。
9、車道の端に、自転車が走るための場所が線で分けられているところがあるが、この場所は別に自転車優先というわけではなく、車の方が優先して走っている。
2003.8.7

i-houseの英語の授業で一緒のウルグアイ人(スペイン語が母国語)の話しでは、メキシコの首都に住んでるメキシコ人(母国語はスペイン語)は、英語とスペイン語が混ざった、『スパニングリッシュ』というのを喋るらしく、何を言ってるのかよく分からないらしい。だけど、このウルグアイ人もスペイン語の単語を使って、英語を喋ることがあって、何を言ってるのか分からないことがよくある(前の学期のコロンビア人は、ほとんどスペイン語の単語を使うので、全然、何を言ってるのか分からなかった。。。)2003.7.17

多分、あんまり見られていないと思う『フィリーズを見に行こう!』のページにミスがありました。ミルウッドの年棒を1年、9900万ドルって書いてしまってました。これって、年棒約120億円!!!いくら、メジャーリーグは年棒が高騰してるからといって、これは高すぎる。。2003.7.14

日本では、身体障害者の人を外で見かけることは滅多にないです。だけど、アメリカでは、よく車椅子に乗ったりしてる人を町中で見かけます。こういう人達が外に出て来れる環境、および雰囲気が、ある程度整ってることは、アメリカの唯一のいい点だと思います。2003.6.30

アップル社が新たにG5を発表しました。これはかなり魅力的なことだとなのだけど、OS10をなんとかしてほしい。OS10ではマックの魅力は90%引きです。どうしてアップルはユーザーの声は全然聞こうとしないのだろう?次にコンピュータを買う時、OS10を使うくらいなら、ウインドーズを買うだろうなあ。。OS10ならマックを買う意味がないし。。。2003.6.24

この国では、『ダブルチェック』という言葉をよく聞く。意味あいは、間違いないように、もう一度確認をする、というような感じであるが、こんな言葉がよく使われているにも関わらず、なぜ、物事はまともにすすまないのだろう?もしかしたら、ほんとは違う意味なのかも?2003.6.8

アメリカ人の交通規則(を知らない人間が推測した交通規則)

1、右折、左折、車線変更の際、ウインカーは出さなくてもよい。
2、歩行者は信号を守る必要はない
3、青信号を渡ってる歩行者よりも、右左折の車の方が優先される。
4、縦列駐車の時、前後の車にぶつけるのは問題ない。
5、高速道路でタイヤがバーストしたらすてて帰る。
6、ポリスは消火栓の前など、駐車禁止場所にも駐車してもよい。
2003.6.6

最近、朝のフジテレビのニュースを毎日、見ているのだけど、この番組には北朝鮮のコーナーみたいのがある。これはフジテレビだけのことなのか?それとも日本では、今、各局がこぞって北朝鮮の報道をしているのだろうか?2003.6.6

今日のi-houseの英語の授業は、雨が降っていたせいか、他の生徒が誰も来なくてマンツーマン授業だった。今度の先生は台湾人だけど、アメリカ人ではないので、一生懸命教えようとする姿勢が見られる。アメリカ人の先生の時は、『今日は何を勉強したい?』から始まったものなあ。。2003.6.2

今月の給料が振り込まれました(でも、なぜか今月も明細はまだ来てない)。振り込まれた額から計算すると、どうやら、今月はちゃんと給料も上がってるし、先月もらえなかった差額ももらえてるし、1月から3月まで引かれていたフェデラルタックスまでも振り込まれてるようです。どうしたのだろう?この国において、こんなにまとも仕事がなされることがあっていいのだろうか?(だから、なされなくて何度も文句を言った結果だってば)。やればできるじゃん、と言っていいのだろうか?(いつも必ず何かオチがあるし、この国は。)2003.5.30

今日から、また新しいi-houseの英語の授業が始まります。前のクラスは最初は15人くらいいたのに、最後の授業の後の卒業パーティ(というか打ち上げみたいなの)に出たのは、たったの4人。同じ時間の違うレベルのクラスと合同でやったのだけど、そのクラスも4人。どのクラスもそんなにみんな辞めていってしまうような授業でよいのだろうか?今度のクラスはどうなのだろう?2003.5.28

この国はガソリンの値段が安くて、1ガロン(約3.785リットル)当たり、ニュージャージーだと、1.329ドルで入れてもらえる。そういえば、うちで普段買ってる飲み水は、ちょっと良いめのを買っているので、1ガロン、1.49ドル。水の方が高いじゃん。2003.5.24

やっと、ホットドッグの大会が終った。ついに、この緊張感から解放されて、ダイエットに専念できるのだろうか?それとも次の大会に挑むのだろうか?その気になれば、ニュージャージーとニューヨークの大会には参加することができる。2003.5.24

フェデラルタックスは返ってくることになったのだけど(今の時点、5月17日で、まだ返ってきてないけど)、4月から、給料が上がるはずだったのに、フェデラルタックスは今月からは取られなくなったのに、4月の給料は3月と同じ額でした。事務の人に文句言ったら、差額は5月分に足してくれるということになったけれど、ほんとなのだろうか?どうして、この国は文句を言わないと、何ごとも先に進まないのだろう?2003.5.17

最近、また忙しいからか、外食が増えてきてるような。どうしても、外食が増えると、やっぱり太るみたい(だって、どこのレストランも山のように出るのだもの、って少しだけ注文すればいいじゃん)。ちょっと食べる量を減らさないと、と思いつつも、来週末(5月24日)はホットドッグ選手権のペンシルバニア州予選だし、ダイエットができなよー。運動するしかないね、食べるために。2003.5.17

今、TNNでは『風雲たけし城』(英語吹き替え)がやってる。懐かしい〜、というか出演者みんなすごく若い。何年前だっけ?2003.5.17

最近、アパートの契約の更新をしたのだけど、その更新するかどうかの期限はほんとは4月末までなのに、3月末までに提出しろって、手紙が来てました(文句を言って直してもらった)。たしか、このアパートの契約はコンピュータで管理してるはずなのだけど、なんで、間違えるのだ?2003.5.9

諦めていたのだけど、どうやら、横暴にも引かれていた今年の1〜3月分のフェデラルタックスが来年度を待たずに、戻ってきそうです。たまたま別の用事で事務に行った時、前に文句を言いに行った時に、とられたままだったForm8233(フェデラルタックスが給料から引かれないようにするために提出する書類)のコピーを返してほしいと言ったら、全然通じなくて(事務の人が完全に忘れてしまっていたからか?、英語が通じなかったから?、両方かな)、で、最初から、説明したら、いつの間にか、なんでフェデラルタックス取られるんだよ−、の文句になってしまって、で、事務の人がもう一度、ちゃんと仕事をしなおしてくれたみたいです。いちお、今月中にチェックが届くと言ってるのだけど、本当かな?1000ドル以上あるので、もらえると嬉しいなあ(じつは、あんまり信じてない)。2003.5.1

保険のお知らせが来ると言う話しは聞いていたのだが、電話がかかってきて、住所に変更はないか、どうか聞かれて、それで、書類が届いたのが、一昨日(4月29日)。締め切りが4月25日。(25日までに提出しろと『must』で書いてあった。)。どうせ、去年は一度も病院に行かなかったし、今年も行く予定はないのだけど。
でも、この国は至る所で、洗剤の匂いなど、臭いので、渡米したての頃はよく、頭が痛くなっていたなあ。だいぶ、慣れては来ているけども。。。2003.5.1

なんだかんだ、1年がたってしまいました。1年いて、やっぱり思うことは、何ごともこの国は不便なことが多過ぎだ、っていうことにつきます。はやく日本に帰りたいなあ。。。2003.4.24

最近、デジカメの調子が悪い。明るいところで撮ると、横に黒い筋が入ってしまう(暗いと普通に撮れる)。もう3年以上使ってるし、そろそろ買い換え時か。。。2003.4.16

イサカから訪問者があったため、金〜月まで外食続きでした(6食)。おかげで、せっかく4キロ痩せた体重が、3キロ増えてしまいました(人のせいにしておく)。はー、、、今日から毎日ジムで走ります。2003.4.15

給料はあんまり上がらないみたい。ペンポリシーに従うとそうなるらしい(というか、要するにうちのラボはお金がないらしい)。ぬか喜びさせおってからに。。。2003.4.10

来週は税金の申告の締め切りだ。めんどくさいなあ。。。
J1ビザでアメリカに来てる人はフォームを提出すれば、フェデラルタックス(国に納める税金)が取られないでお給料がもらえます。1月にタックスオフィスに行って、今年の1〜3月分のフォームを提出してきました。締め切り日だったので、1時間並んでやっと提出してきたのに、なぜか1月の給料からフェデラルタックスが引かれてる。しょうがないので、すぐに事務に文句を言いに行って、1か月後、2月の給料明細をもらって見ると、やっぱりタックス分の給料をもらえてません。ボスに言ってみたら、きっとまだ処理中だろう、って言われました。処理に1か月半以上もかかるのか?でも、この国だとありえない話しではないかな、とも思ってしまう。
先週、今年の4月からのフォームを提出しに、再びタックスオフィスに行ってきました。まず、月曜日に行ったら、定休日でした。しかたなので、窓口に張ってあるスケジュール表をよく確認して、次の日に、また行ってみたら、昨日見たスケジュール表の上に、今週の予定、が張られていて、この日も休みになってました。うーーー。頭に来たので、日本語で文句をいいながら、ドアを叩いていたら、帰り支度をしたタックスオフィスの人が出てきて、今日は休みなんだよー、とすまなさそうに言ってました(でも、謝らない。さすが、謝ったら負けの国アメリカ)。いちお用件は聞いてくれたのだけど、すぐには出来ない、ということで、明日来てくれ、とのこと(しかも、次の日は1時間しかやってない)。で、やっと、その次の日に提出できました。
うーむ、やっぱり、この国では、物事はスムーズには進まないようです(とくに事務仕事は)。これで、また4月の給料からフェデラルタックスが引かれていたら、かなり面白い。が、十分にありえる話しだ。。。2003.4.9

はやいもので、今季のi-houseの英語も今日の授業を入れて、あと3回になってしまいました。週2回、しかもPM7時からという、いい時間にあるので、けっこう負担になってます(これがなければ、だいぶ実験が進む)。今季はアメリカ人が先生で、ネイティブな人なのでいいかな、って思ったけど、教えるのはそんなにうまくない人でした(前の先生は日本人だったけど、今の先生より教え方は良かった)。
この英語の授業では、授業中にレストランに食べに行ったりすることがあるのだけど、前の日本人の先生は生徒の韓国人のおじさん(65才)が全員分を払ってしまおうとしても、絶対に払わせなかったけど、今度のアメリカ人の先生は簡単に払わせてしまいました。アメリカ人ってこんなものなのだろうか?2003.4.9

今週の日曜日から夏時間が始まって時間が1時間早くなってしまいました。うちの部屋の時計は10月に夏時間が終わった時に、1時間ずらさないで、ずっと1時間早い状態にしていました。なので、今、時計が正しい時間をさしてるので、なんか余裕のない生活になっています。また1時間すすめてみようかな?2003.4.9

土曜日に、セールで40%オフになってるはずのタンスを買いに行きました。が、しかし、倉庫にお目当てのタンスがない!(売り場に展示されているものを下の階の倉庫に行ってお客が自分で取ってきて、レジに並ぶというシステム)。お店の人はコンピュータで在庫がないことを調べてくれて、『ごめんね。売り切れたらお終い、って書いてあるだろう。』と持っていた広告の紙を見せて言ってました。うぐ、、、なら、しょうがないかあ。でも、売り切れてるなら、展示しておくな−!
で、もう1回、今度はマネージャーの人に聞いてみたら、『それは明日16個入荷する。だけど、30分くらいで売り切れてしまうだろう。10時の開店と同時に来なさい』って言ってました。おいおい、そういう情報は店員みんなが分かるようなシステムにしておいてくれー。
というわけで、次の日、開店前に来て、無事に購入することが出来ました。だけど、入荷数は実際は20個で、12時になっても、他の人が買って行ったのは、たったの2個でした。こんなことなら、早起きして来るんじゃなかった。いい加減すぎるぞ、この国。
あと、このタンスは2個の箱に部品が分けられて入れられて売っているのだけど、最初に店員に在庫を調べてもらった時の在庫数は『-3』。どうやら、2個セットのうちの一つだけ買って行った人が3人いるようです。その人達はどうしたのだろう?2003.3.26

今年の契約は2003年4月8日までだったので、新しい契約の書類が届きました。給料が年間で5000ドルもあがっていてビックリです。きっと、これは頑張って仕事をしてるのを認められたんだな、と思ったらNIHで勧告されているポスドクの給与水準通りの額でした。ほんとはポスドクの給料は低すぎるからすごく上がったように感じてしまっただけなんだけど。
ボスにはもう1年いようと思うんだけど、と言っておいたのに、今度の契約は2年間なので、来年度は免許が取れる!(ペンシルバニア州では1年以上期限が残ってるDS-2019(滞在許可証みたいなやつ、昔のIAP-66)を持ってない人は免許が取れない)。2003.3.21

昨日から、アパートのジムで運動をすることにしました。おかげで、今日は体中が筋肉痛です。明日になった、さらにひどくなりそうな気がする。2003.3.20

大学の間にある35th & Spruce Streetの信号機は、少なくとも昨日からずっと赤信号のまま。面白すぎる。だけど、もともと歩行者は信号なんて気にしないので、べつに何も混乱はない。2003.3.18

急に暖かくなりました。今日は昼間は21℃もあったみたい。朝から暖かかったから、薄着で大学に行ったら、寒い!ラボの中が。わけ分からん研究室、というか国。2003.3.17

大リーグのオープン戦も始まりました。今年は松井がニューヨークヤンキースに来たので、なんとなく大リーグを見るのも楽しみです。フィリーズも今年は、去年18勝6敗のピッチャーと52本ホームランを打ったバッターが入ってきたので、もしかしたらやってくれるかも。
今年はリーグが違うマリナーズがフィリーズの球場に来てくれるので、これは楽しみ。ベテランズスタジアムは電車で行っても、アパートからも大学からも30分もかからないし、チケットも当日券で十分入れるので、今年はたくさん行ってみよう。すでに面白そうな試合はチェック済みです。2003.3.13

最近、まじダイエットしないとヤバいなあ、という感じになってきたので、ちゃんと測れる体重計を買ってきました。大学までの行き帰りは歩くようにして、ラボのある10階まで毎日階段で昇り降りするようにしてます。階段はけっこうキツイです(朝から汗だく)。でもせめて、日本から持ってきたズボンがキツク感じないくらいまでは戻さないと。アパートに小さなジムがついてるので、そこにも通おうかなあ、って思ってます。2003.3.13

久しぶりに更新しました。ちょっと真面目に実験してて、更新してる時間が取れませんでした。やっぱり、1日12時間くらい実験しないと全然はかどりません。よくこの国の人達は1日8時間くらいで、しかも、こんな旧式な実験器具で結果を出すよなあ、と感心してしまいます(結果は出てるのか?)。2003.3.13

だいぶ更新しました。それにしても、こうも寒いと実験もあんまりやる気が出てこないぞ〜。というかラボに行くのも寒くて。。。2003.1.21

そうそう、最近、『お薦め度』とかを星印で付けてみることにしました。今のところ、大食らい日記と普通の生活の日記だけですが、暇をみて、更新していきたいと思ってます。いちお、5点満点です。それから、年末に2週間ほど帰国するので、もしかしたら、日本縦断グルメツアー日記も何かアップできるかも。2002.12.6

うむ、今日は大雪だ。あんなに夏は暑かったというのに。。。2002.12.5

最近、太ったよー。外食がちょっと多かったからかなあ。だって、外で食べると半端じゃなくたくさん出てくるんだよねえ(じゃあ、控えめに注文しろよ、それにどこの店でも食べ残して持ち帰りができるだろうに。。)。というわけで、家ではお粥とか雑炊を食べるようにしてます。それより運動しろよ、という気もする。。。ちゃんと測れる体重計を買おう。。2002.11.11

どうやら昨日でデーライトセービングタイム(夏時間)が終わったようで、1時間、時間が遅くなりました。よし、これを機に1時間早くラボに行くようにしようと思っていたのに、結局、今日は普段より遅くついたのでした。よかったぁ、1時間遅くなってて。あれぇ?2002.10.28

昨日はラボミーティングで、はじめて少し仕事の話しをしました。疲れたぁ。。。それにしても最近フィラデルフィアはすごく寒い。2002.10.24

ついに顕微鏡が使えるようになった!!!やっと仕事ができる!!!ちょっとバリバリ実験をしてみようかと思います。2002.10.8

というわけで、今週から大学の近くのInternational Hauseの英会話の秋のコースがはじまるので、行ってみることにしました。さて、少しは英語が話せるようになるのだろうか?2002.10.4

まだまだ、ホームページの作り方がよく分かってません。暇をみてホームページ作りの言語の勉強をしていこうかな、って思ってます(おいおい、そんな暇あったら英語の勉強をしろよ。。。)。2002.9.19

MailBox メール トップページへ

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO