Title

フィラデルフィア大食らい日記〜その26


ブルーリボンのパン屋さん ブロードストリートのイタリア料理屋
キング オブ プルシアのステーキハウス 北の外れの人のいない中華料理屋
回転寿司のある店 木曜日だけど金土日の店
ピータールーガーのソース タイ レイクの北京ダッグ

←その25へ  その27へ→



ブルーリボンのパン屋さん お薦め度
イメージ2
最初に出てくるパンは種類が豊富。くせのあるパンが多いが、美味しいパンもある。
2003年12月28日、今日も遅く起きたので、ザガット(ニューヨークシティ)で23点くらいのブランチもやっている店に行ってみる。店内が小さいということもあるが、お客はギッシリ入っていて、絶え間なくお客は来ていて、かなり人気の高い店だということが分かる。で、ポーチドエッグはなかなか美味しく調理されていたが、ステーキはごくごく普通の味で、大したことないなあ、としか感じられなかった。のは、一昨日Peter Lugerで食べた後だからか?ブランチなのだから、もうちょっと安くないとねえ。。。

Blue Ribbon Bakery
33 Downing St., New York City, NY 10014-4748
TEL: 212-337-0404
イメージ2
ホウレン草とマッシュルームとベーコンのポーチドエッグ。ソースと卵の黄身の味のバランスがなかなか良い。11.5ドル。
イメージ2
ポーチドエッグの乗ったステーキ、12オンス(約350グラム)。ポテトは美味しいが、ステーキがこの味でブランチで28.5ドルは超ボッタクリだろう。
イメージ2
スモークサーモン。食べてないけど、美味しいらしい。14ドル。



ブロードストリートのイタリア料理屋 お薦め度

2003年12月31日、お昼にAcademy of Musicにバレエを見に行った帰りに、すぐ前にある値段が高めのイタリア料理のレストランで、まだランチメニューがやっていたので入ってみる(ランチはPM4:30まで)。この店はちょっと高級そうな感じの店で、シーフードの店ということもあり、店内の至る所にイカや亀などの模型?がある。店内はかなり広い。で、料理は値段相応に美味しかった。ランチじゃなきゃ、なかなか入れない店だ。

Sotto Varalli
231 S. Broad St., Philadelphia, PA 19107
TEL: 215-546-6800, Fax: 215-546-3044 → メニュー(ランチ) (ディナー)

イメージ2
最初に出てくるパン。ピザのような風味のパンでなかなか美味しい。
イメージ2
天井には巨大なイカがいる。
イメージ2
入り口の取っ手はイカの足。
イメージ2
ナスとトマトとチーズをグラタンのように焼いたもの。なかなか美味しいが、トマトはもうちょっと柔らかい方がよいかも。量はたくさん。13.5ドル。
イメージ2
エビとホタテのパスタ。エビもよく焼けているし、ソースも美味しくて、乾燥トマトが香ばしさを出していて、美味しい。が、これも量は少ない。10.95ドル。
イメージ2
ムール貝とアサリを蒸したもの。レモンの効いたソースが、かなり美味しい。何かもう一種類、別の貝の身が散りばめられている。量は少ない。9.5ドル。



キング オブ プルシアのステーキハウス お薦め度

2004年1月3日、ウエスタンブロットの1次抗体処理中に、キング オブ プルシアに買い物に行き、帰りにモールの中にあるステーキハウスに入ってみる(Peter Lugerに行って以来、つい美味しいステーキが食べたくなってしまう今日この頃)。この店もかなり人気がある店で、予約無しでは1時間近く待たされた。店内はすごく広いのに、ずっと混み混み状態。ちょっと高級な感じの店(と言っても、ジーンズ姿の人などもたくさんいるけど)。ステーキはだいたい20〜30ドルくらいで、大きさも種類も様々。シーフードのメニューにも力を入れている。で、肉の味の方は、4か月間熟成させたものだそうで(もしかしたら1か月かな?『four months』 or 『for a month』)、やはり肉自体にコクがあって美味しい。Peter Lugerに比べてしまうと、やはりちょっと劣るかな。でも、美味しいステーキを求めて、ニューヨークまで行く手間を考えれば、ここで妥協してもよいかな、と思えるくらいは美味しい。20オンスのステーキを一人で食べ切ったら、お皿を下げに来た店員が『ほっほー、食べ切ったね』と言っていた。これは一人用ではなかったのか?パンも温かいフランスパンを出してくれて、美味しかった。ちなみにこの店はザガットでは23点の店。この店はサラダからして量が半端じゃなく多いので、アペタイザー、サイドディッシュ一皿ずつに、20オンスのステーキ一つでも、(普通の人なら)3人でみんな満腹になるくらいだと思う。

Sullivan's

700 West Dekalb Pike, King of Prussia, PA 19406
TEL: 610-878-9025, Fax: 610-878-9248

イメージ2
カラマリ(イカのフライ)。カクテルソースも美味しいし、カラっとよく揚がっている。8.95ドル。
イメージ2
サービスで出てくるサラダ。レタスの1/4にトマトとブルーチーズとドレッシングがかかっていて美味しい。が、なんて量を出してくれるんだ。。。
イメージ2
サイドディッシュのホウレン草のクリーム煮(かなりこってり、5.5ドル)と西洋ワサビ入りのマッシュポテト(ちょっと塩味が濃すぎる、4.99ドル)。
イメージ2
ノルウェー産のスパークリングウォーター。かなり美味しい。4.95ドル。
イメージ2
8オンス(約227グラム)のフィレミニヨン。脂身が全然なくて、結構さっぱりした感じ。22.99ドル。
イメージ2
20オンス(約570グラム)のカンザスシティストリップ(サーロインのことらしい、骨付き)。脂がのっていて美味しい。29.95ドル。



北の外れの人のいない中華料理屋 お薦め度

2004年1月5日、土曜、日曜と一晩中実験をして、疲労困ぱいなので、栄養をつけに、中華街の北の外れにあるベストオブフィリー1994、ザガットでは23点と結構評価の高い店に行ってみる。が、平日ではあるが、客が一人もいない(店内は結構広い。他には、2人組みのお客が一組来ただけ)。こんなに人のいない店ではあるけど、味の方は別に悪いとこもなく、無難に美味しい店だった。この店は半ベジタリアンのお店なようで、肉は鳥肉とシーフードしかメニューはなく、ベジタリアン用のメニューもたくさんある。料理にはスクワッシュを多用するようだ。メニューの説明文はいい加減すぎて何がなんだかよく分からない物が多い。

松鶴楼(Charles Plaza)

234-236 N. 10th St., Philadelphia, PA 19107
TEL & Fax: 215-829-4383
イメージ2
シーフードの中華おこげみたいなので、ご飯の代りに、エビと白身魚のフリッターが入っている。13.95ドル。
イメージ2
カンポーチキン。ピリ辛。鶏肉は脂身が全然ない。ニンニクがよく効いている。7.95ドル。ライスは1ドル。
イメージ2
チキン餃子。鶏肉がたっぷり使われていて、なかなか美味しい。5.5ドル。


回転寿司のある店 お薦め度

2004年1月7日、事務手続きをしに外に出たついでに、お寿司が美味しいという噂の『Pod』に行ってランチメニューを食べてみる(夜は値段が高すぎて、なかなか入る気にはなれないので)。とりあえず、お寿司を頼んでみるが、なるほど、たしかに美味しい。ネタもほとんど水っぽさを感じない良いものを使っているし、なにより、粒の立ったご飯が美味しい。寿司を握ってくれたのは日本人ではなかったけど、十分美味しかった。ここはThe Continentalと同じ系統の店なので、見た目がほとんど同じパッドタイがあるが、The Continentalのに比べると味は劣る(そのうえ、値段が高い)。このパッドタイ、麺にソースがちゃんと絡まっていない部分もあり(まるで明珠城海鮮酒家(H.K. Golden Phoenix)のチャーハンの様)、この店は寿司以外の調理人は下手なのだろうか?と思わせられる。店内のレイアウトは、なんかちょっと変な感じ、というかかなり変な感じの店。白を基調にしているためか、昼間の明るい中では、汚れが目立ってしまう。そんな中に回転寿司のカウンターみたいなのがあって、そこの大きなモニターでは、日本で何年か前に放送されたドラマ『将太の寿司(中国語字幕付き)』が放映されていた。ウエイターの教育はあまりなっていないような印象を受けた(テーブルのところに来ても、全然、食べ終った皿を持っていかなかったり、かと思うと、急に何も言わずに大きな音を立てて皿を下げたり。味がどうだったかも聞いてこないし。)。

3636 Sansom St.,Philadelphia, PA 19104
TEL: 215-387-1803, FAX: 215-387-1809 → メニュー(ランチ) (ディナー)
イメージ2
寿司バーのカウンター。回転寿司付き。
イメージ2
寿司コンビネーション。マグロがなかなか美味しかったのはスゴイ。あぶったヒラメもなかなか良かった。一個一個が小さい握り。16ドル。
イメージ2
チキンパッドタイ。量はたっぷり。悪くはないのだが、ちょっと中途半端な感じ(本格的なタイ式でもないし、アメリカ風にもアレンジしきれてないし)。12ドル。


木曜日だけど金土日の店 お薦め度

2004年1月8日、帰国前で忙しいので、近所の金土日の店に、最近自分の中で流行りのステーキを食べに行く(アメリカ人の間では、この店のステーキは評判が良いようなので)。この国では、どうもフィレミニヨンよりも、サーロインの方が脂身が多くて美味しいような気がするので(おそらく、ステーキソースが凝ってないから、肉そのものの味で勝負するしかないので、脂身がないと旨味に欠けるからか?)、ニューヨークストリップ(サーロイン)を頼んでみる。が、ここの肉はごく普通の肉で、サーロインと言っても、脂身はあんまりなく、たしかに肉汁はたくさん出て、そんなに悪くはない肉であることはわかるのだけど、悪くはないというだけ。このくらいの質の肉だと、もっと脂身がたっぷりでないと旨さを感じにくい(こんな感じの、のっぺりとした味の脂身の少ないポソポソした感じの肉は、この国ではよく出会う。Blue Ribbon BakeryCold Spring Harbor LaboratoryPizzeria Uno Chicago Bar & Grillで出た肉がそんな感じだった。この中では、ここの店が一番美味しいとは思うが。。)。それと、ここの肉は添えられているバターベースのステーソースよりも、塩を付けた方が肉の美味しさは引き立つ気がする(バターベースのステーソースは塩分があまりないからか?)。Peter LugerSullivan'sのような、熟成肉の美味しさを知ってしまうと、普通のアメリカのステーキ肉では満足出来なくなってしまうようだ。。。ぜひ一度、熟成肉をためしてもらいたい。

Friday・Saturday・Sunday
261 S. 21st St., Philadelphia, PA 19103
TEL: 215-546-4232
Time: Lunch 11:30-2:20 Tues-Fri, Dinner 5:30-10:30 Mon-Sat, 5-10 Sun.
イメージ2
ニューヨークストリップ。かなり淡白な感じがする。付け合わせのジャガバターはなかなか美味しい。24ドル。
イメージ2
ラムステーキ。牛のステーキと違って、これは肉自体の味が良くて、かなり美味しい。25ドル。
イメージ2
シーザーズサラダ。なかなか美味しい。チーズは結構シャープな味のものを使っている。6ドル。


ピータールーガーのソース お薦め度
イメージ3
フレッシュグローサーで売られていた(4.99ドル)。

あのPeter Lugerのステーキソースは市販されている。かなり癖のあるソースではあるが、慣れてくると肉料理はもちろん、揚げ物や魚料理なんかに使ってもなかなか美味しく感じられる味わいの深いソースであると思う。


タイ レイクの北京ダッグ お薦め度
イメージ2
エビ餃子。プリプリで美味しい。
2004年1月12日、やっぱり日本に帰る前には北京ダッグということで、ついでに、前、食べたあんかけチャーハンをまた食べたかったので、中華街の『Tai Lake』に行くことに。しかし、チャーハンは、前と同じ物を注文したつもりが、今回はあんかけではなく、ちょっとガッカリ。でも、ここはどの料理も中華街の中でもレベルの高い料理を出してくれるので、今回出てきたチャーハンも結構美味しかった。入り口の水槽からは、頻繁に魚やエビなどが店内を通って、奥の厨房に運ばれて行く。

太湖海鮮酒家(TAI LAKE RESTAURANT)
134 N. 10th St., Philadelphia, PA 19107
Tel: 215-922-0698 → メニュー
イメージ2
最後にサービスで出てくるイモとタピオカの温かいスープ。なかなか美味しい。
イメージ2
ホタテとエビのチャーハン。とても量が多い。13ドルくらい。
イメージ2
ペキンダッグ。バンは熱々のが出てきて、美味しかった。骨が多くてちょっと食べにくい。



MailBox メール ←その25へ トップページへ その27へ→

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO