Title

フィラデルフィア大食らい日記〜その37


北の外れのペキンダックの店 持ち帰り
源氏のお寿司2 シチズンズバンクパークで売られている食べ物(最終回)
南のメキシコ料理屋 小さなイタリア料理屋
ダンジエロのランチ〜その3 サウスストリートの近くのイタリアン

←その36へ  その38へ→



北の外れのペキンダックの店 お薦め度
2004年9月28日、すごく前に一度だけいったことのある中華街の一番端っこにある店に台風で大雨が降っている中、行ってみる。入り口のところにお薦めメニューのようなのが写真付きで載っていて美味しそうだったので、思わずそれを頼んでみる。この国のレストランでは、写真付きのメニューなんてまず無いので、写真をみてしまうと思わず注文してみたくなってしまうし、他の人が食べているのを見ても、美味しそう見えて、頼んでみたくなってしまうんだよなあ(写真を載せないのは、店員に説明をさせることにより、チップを上乗せさせるためなのだろうか?)。

生記焼臘(Sang Kee Peking Duck Hous)
238N. 9th St. Philadelphia, PA 19107-2954
Tel: 215-925-7532 → メニュー
イメージ2
まあ、普通においしい揚げ餃子。うん、無難な味。4.5ドル。
イメージ2
写真が出ていたので頼んでみたエビ蒸し餃子。揚げ餃子よりも美味しい。4.95ドル。
イメージ2
ペキンダッグロール(ちぎった姿)。店名にも入っているので、この店は北京ダックがお薦めなのかもしれない。2.5ドル。
イメージ2
ポークとピータンのコンジー。熱々の揚げパンがサクサクでモッチモチで美味しい。3.5ドル。
イメージ2
これも写真が出ていたXOジャンのライスヌードル(ビーフン)。日本でも食べたことのあるような懐かしい味。8.5ドルはちょっと高い。
イメージ2
店内はこんな感じ。



持ち帰り お薦め度
2004年10月5日、ご飯をつくるのがめんどくさかったので、中華街のベトナム屋で買って帰る(この店は3度目。1, 2)。テイクアウトだと、チップ代がかからないのがうれしい。この店は、いつの間にか、どんどん内装などがキレイになっていく。。。(値段も高くなっていっているような)。

Vietnam Restraurant
221 N. 11th St., Philadephia, PA 19107, TEL: 215-592-1163, FAX: 215-592-9033
イメージ2
トマトクラブヌードルスープ。ラーメンみたいなの。やはり、これは持ち帰りにはむいてない。。4.75ドル。
イメージ2
パンフライドヌードル。麺がちょっと合っていない。。。10.95ドル。
イメージ2
ベトナム風生春巻き、ゴイクン。2個入り。3.5ドル。



源氏のお寿司2 値段高い度
イメージ2
『Matsu Sushi』21ドル。マグロ、ハマチ、ウナギが2個ずつ。
イメージ2
『Ume Sushi』25ドル。全部、違うネタ。イクラとか入っている。
2004年10月10日、前日、アメリカ人の誕生日のパーティで自家製の寿司を食べたので、本物の寿司を食べたくなり、近所のジャパニーズレストラン『源氏』に行くことに(すでに4度目。1, 2, 3)。この店の寿司はアメリカのレストランにしては、かなりレベルが高い(普通の日本料理は普通だけど)。そして、もちろん値段も高い。寿司以外の料理もそうだが、物価は日本の倍くらいかな(この店に限らず、どこのジャパニーズレストランも値段は高いけど)。普通なら、なかなか食べに行く気にはならないけど、クーポン券の本をまだ使っていなかったので(今月で有効期限が切れてしまうし)、おかげで、18ドル安くなった。このくらいディスカウントされると妥当な値段くらいかなあ?

1720 Sansom St. Philadelphia, PA 19103
Tel: 215-564-1720
イメージ2
店内の寿司バー。握っているのは日本人みたい。
イメージ2
店内の様子。シャンデリアと酒樽の組み合わせ。
イメージ2
横の壁には何やら掛け軸が。



シチズンズバンクパークで売られている食べ物(最終回) さらばシチズンズバンクパーク度
イメージ1
『Bull's BBQ』のポークBBQサンドイッチプラッター。パンがある方がBBQだけよりも食べやすい。8ドル。
シチズンズバンクパークのポテトのフライは普通のも普通に売られているし、皮付きの『ボーウォークフライ』(4.5ドル)、Tony Luke'sで売られているクルクルしている『カーリーフライ』(4.5ドル)、ベテランズスタジアムの頃からあるCHICKIE'S & PETE'Sの『クラブフライ』(5ドル)といろいろな種類が売られている(CHICKIE'S & PETE'Sは本店が球場のすぐ近くBroad St.沿いにあるようだ)。
外野通路のアッシュバーンアレイのライトスタンド側にある『Bull's BBQ』にはオーナーである元フィリーズの名選手、グレッグ・ルジンスキー(あだ名はブルズ、見るからにブルズ。従業員いわく『彼はボスとしてpain in the assだけど、いいpain in the assなんだよ』らしい。なんのこっちゃ。)が試合の終盤になると必ず店頭に現われ、サインをしてくれる(今年は結婚式で一日休んだ以外は全試合来たらしい。
クラッカージャックは7thイニングストレッチの時に歌う『Take Me out to the Ball Game』の歌詞の中にも歌われているように、野球観戦の定番らしい。

Take Me out to the Ball Game → リグレーフィールドでの合唱(音声、224KB)
作詞:Jack Norworth, 作曲:Albert Von Tilzer

Take me out to the ball game,
Take me out with the crowd.
Buy me some peanuts and cracker jack,
I don't care if I never get back,
Let me root, root, root for the home team,
If they don't win it's a shame.
For it's one, two, three strikes, you're out,
At the old ball game.
イメージ2
スタンドを練り歩いている売り子が売っているビールは日本では見かけないプラスティックの瓶。5.5ドル。
イメージ2
カーリーフライ。ころもがついて揚げられている。なかなかおいしい。アッシュバーンアレイに売っている。
イメージ2
クラブフライ。量はけっこうある。けっこう味が濃いというか、塩辛い。チーズカップは1ドルなので付けて食べた方がいいかも。アッシュバーンアレイに売っている。

中におまけが入っていることでも有名らしい。(カーソルを乗せると)
イメージ2
クラッカージャックはポップコーンを砂糖でコーティングしたような感じ。キャラメルコーンに似ている味。
イメージ2
これがクラッカージャック(3.75ドル)。



南のメキシコ料理屋 お薦め度
イメージ1
サービスのチップス。漬けるソース(サルサソース)はどちらも激辛(特に赤いのが辛い)。
2004年10月17日、前々から行きたかった評判のよいメキシコ料理屋に行ってみる。店の感じは安っぽい感じのする店で、場所柄、値段も安いのかと思ったら、そんなに安くもなく、だけど、料理自体はなかなかよろしく、そして、どこのメキシコ料理屋もそうなのだけど、量がすごい。どう考えたって、一皿当り一人前以上。店内は英語よりもスペイン語(かな?)の方が多く聞こえてくる。もちろん、メニューは全くよく分からない。そのうえ、メニューに載っていないスペシャルメニューもあるようだ(説明してくれない。まあ、メニューに載っているのも理解していない客にスペシャルメニューを説明する意味はないかもしれないが。。)。

Taqueria La Veracruzana
908 Washington Ave., Philadelphia, 19147
TEL: 215-465-1440
Time: 7 days, 7am-12am
イメージ2
牛肉とピーマンとタマネギを炒めた『Alambre』。上にモッツァレラチーズが乗っている。無難に美味しい。肉についている味は薄めなので、皮(トルティーヤ)につつむよりも、そのまま食べた方が美味しく感じるかな。10ドル。
イメージ2
豚肉のステーキのような感じで、かなり辛い味付けだけど美味しい。隣のテーブルの人が食べていて美味しそうだったので、店員に何か聞いたら、スペシャルメニューだった。12ドル。
イメージ2
この皮(トルティーヤ)に巻いて食べる。
イメージ2
店内はこんな感じ。
イメージ2
店の外観はこんな感じ。
イメージ2
さすがにこの辺は危ない。店に到着した時、すぐ近くで交通事故が起きてて、道路は封鎖されて、車のドアをはずして怪我人を車内から救出するところだった(幸い死者は出なかったようだ)。



小さなイタリア料理屋 お薦め度
イメージ1
ウェイターのオジサン。
イメージ1
店内はこんな感じ。
2004年10月20日、顕微鏡が混み込みで実験にならないので、少し早めに実験を切り上げて、近所を散策して、良さそうなレストランに入ってみる。この店は、見た感じちょっと高級そうなのに、メニューを見ると、そんなには値段は高くない(メインは一皿10ドル〜15ドルくらい)。おまけにベストオブフィリー1999で、ザガットの2000/2001の評価は25点とかなり高い(ザガット2005では、21点に下がっていたが)。店内はかなり小さく、お客はけっこう入っていて、ほとんど60才以上かな、という客層。ウェイターはあいそがいいのだか、悪いのだかよく分からない人で、イタリアンマフィアの用心棒か、という感じの人(映画『ゴットファーザー』で敵対組織に殺されてしまって魚が送られてきた男の人を彷彿させられる)。狭い店内に間隔があまりなくテーブルが並べられいるので、テーブルの上の物によくぶつかるし、落としそうにも何度もなった。
味の方はどれもこれも、よく出来ているなあ、という印象を受けて美味しかった。アペタイザーの値段が、この手のイタリアンレストランにしては、安めで量も少なめなので助かる(たいていの店は、量が多くて、アペタイザーでお腹が結構いっぱいになってしまうんだよねえ)。スパークリングウォーターを頼んだのだけど、料金に加算されていなくて、ラッキーだった。

Bistro La Baia
1700 Lombard St., Philadelphia, 19146
TEL: 215-546-0496
イメージ2
サービスのパン。焼き立てのパンなのだろうか。なかなか美味しかった。最初は柔らかかったのに、食事が終る頃にはだいぶ固くなっていた。
イメージ2
アペタイザーのムール貝。ソースはかなり塩辛い味でムール貝とよく合っている。6ドル。
イメージ2
イタリアンレストランでよく出るスパークリングウォーター(値段不明)。ちょっと塩っぽい味を感じる水。
イメージ2
子牛のポルシーニマッシュルームソースがけ。ソースが美味しい。15ドル。
イメージ2
なんか、もちもちしたパスタ。ソースも美味しいのだけど、量がすごい多くて、全部食べると飽きてくるかも。11ドル。
イメージ2
アペタイザーのカラマリ(イカ)。レモン風味のソースとよく合っていて、美味しい。6ドル。



ダンジエロのランチ〜その3 ガーリックのニオイが残る度
イメージ1
オイルには、昼間は少し塩を足した方が美味しい
2004年10月21日、今日も顕微鏡が混み込みで、昼間は実験にならないので、アパートの近くのダンジエロ(1, 2, 3)までランチを食べに行く。夜はちょっと高いけど、昼間はパスタは10ドルで食べられるので(今日のスペシャルメニューのパスタは15ドルだった。注文はしていないけど)、一通り食べるしかないかなあ。それに、ここのパスタはだいたい美味しいのだけど、たまに、はずれがあるので、それも見極めないと。と言いつつ、パスタじゃないのも頼んでみたりして。この前、行った時(友達の出産前祝い?)の時は、フェットチーニの茹で方がイマイチだったので、細長いパスタよりも、かたまり系(?)のパスタの方がお薦めかもしれない。あと、パンをつけて食べるガーリックオイルは、あきらかに夜に行った方が美味しく感じるのは、漬け時間の問題かな。

D'Angelo's Ristorante Italiano
256 S. 20th St., Philadelphia, PA 19103
TEL: 215-546-39357
イメージ2
なんか丸まったパスタ。茹でが足りないのか、ちょっと固かった。ガーリックの効いたソースはカロリーが高そうだけど、なかなか美味しい。10ドル。
イメージ2
チキンのマルサラワインソースかけ。甘めのソースだけど、チキンにはよくあっていて、美味しい。薄味。13ドル。
イメージ2
チキンのおまけ。パスタじゃないメニューには小さいお皿のおまけがつくらしい。普通のトマトソースのパスタ。



サウスストリートの近くのイタリアン お薦め度
イメージ1
壁は岩肌むき出し。元々は倉庫かなにかだったのだろうか?スパークリングウォーターは4.95ドル。
イメージ1
店内はこんな感じ。1階はバーになっていて、地下に食べるところがある。
2004年10月24日、前から行こうと思っていて、なかなか行けなかったクーポン券の本が使えるサウスストリートの近くの店に行ってみる。ここはザガット2002では点がけっこう低くて17点(ザガット2005では21点)の割には、宣伝がうまいのかよく名前を聞く店で、どんなもんだろうと思っていた店(行ってみるとベストオブフィリー1999にも選ばれていたことも分かった)。
この店はちょっと値段の高い店で、一品あたり17〜20ドルくらい。味は無難に美味しいのだけど、値段が高いので、今日のようにクーポン券で15ドル値引きがあればよいけど、普段はなかなか入れない。と思ったら、月曜日の夜はパスタナイトらしく、9.95ドル均一でパスタが食べられるらしい。火曜日の夜はロブスターフェスタで13.95ドルでロブスター料理が食べられるらしい。この日が狙い目か。

Bistro Romano
120 Lombard St., Philadelphia, PA 19147
TEL: 215-925-8880, Fax: 215-925-9888 → メニュー
イメージ2
ムール貝とアサリ。レモンをかけるとさっぱり美味しい味になる。量は少ない。8.95ドル。
イメージ2
妻のレシピだというスープ。ミネストローネ。コクがある。4.95ドル。
イメージ2
このパンは甘くて香ばしくて、とても美味しかった。やっぱり焼き立てなのだろうか?
イメージ2
とり肉料理のおまけの小皿のパスタ。これは麺もやわらかくて、たいしたことはない。
イメージ2
とり肉のロマーノ風の料理。さっぱりした感じで無難に美味しい。16.95ドル。
イメージ2
ロブスター味のラビオリ。黒はイカスミ。こってりのクリームソースがかかっていて、なかなか美味しい。19.95ドル。



MailBox メール ←その36へ トップページへ その38へ→

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO