Title

フィラデルフィア大食らい日記〜その44


Maido!の近くのパン屋 店先のペキンダッグ〜その2
ホットドッグコンテスト2005予選 中国人のパーティ
アーミッシュの絞りたてジュース アーミッシュの住んでいる村(後編)
オーボンパン 今年球場で食べたもののまとめ

←その43へ  その45へ→



Maido!の近くのパン屋 お薦め度
2005年5月7日、マイドに行ったついでに、マイドの御主人(たぶんアメリカ人)が、フィラデルフィアで一番美味しいパン屋と、日本語で言っていたNarberth Stationの正面にある店にも行ってみる。この店はパン屋というか、いった時間も影響しているのかもしれないけど、ケーキ屋という感じ。値段はちょっと高めなのかな?いくつか買って食べてみたけど、評判通り、どれも美味しかった。ベストオブフィリー2002、2003に選ばれている。

Le Petit Mitron
207 Haverford Ave., Narberth, PA 19072
TEL: 484-562-0500 → メニュー
Mon:定休日、Tue-Fri: 7am-6pm、Sat: 8am-5pm、Sun: 8am-12pm
イメージ2
こんなお店。店の前のテーブルで食べられるみたい。
イメージ2
レーズンデニッシュ。パン生地がなかなか美味しい。2.1ドル。
イメージ2
フレッシュフルーツタルト(3.35ドル)とラズベリーシブースト(3.75ドル)。どっちもなかなかよかった。



店先のペキンダッグ〜その2 お薦め度
2005年5月15日、中華街で、前から気になっていた店頭にカモなどが吊るしてある店で買って帰る。この店はじつはベトナム系かな?カモやら、鶏や、豚肉、イカなどが売られている。御飯の上にこれらを乗せたオーバーライスも売られているみたい。ローストダッグ(ペキンダッグ?)は香料がけっこう効いている。が、やっぱり安いなあ、中華街。味も悪くない。

邵記焼臘(Siu's Peking Duck House)
111 N. 10th St., Philadelphia, PA 19107
TEL: 215-922-3075 or 856-986-4503
イメージ2
このお店。中華街の門から少し北に行った所。
イメージ2
反射して写りは悪いけど、店先にはいろいろ吊るされている。
イメージ2
ハーフサイズのローストダッグ。7ドル。すでに少し取っているので、本当はもうちょっとある。



ホットドッグコンテスト2005予選 もう限界、、、度
2005年5月28日、今年もホットドッグコンテストのフィラデルフィア予選にIndependence Visitor Centerに行ってくる。もうこれで間違いなく一生、出ないと思うので、ネーサンズのホームページに、申し込みフォームがアップデートされるのを毎日、チェックを入れて申し込みをしました。その甲斐あって、今年は最初から正規の選手として登録さたので、気合いをいれて準備をしていました(去年は申し込みが遅れて補欠だった)。
どうも毎年、フィラデルフィアの大会は時間が早いので(AM12:00開始)、あまり調子は出ないのだけど、今年は結構、気温が上がったので、出された水も冷えていて、条件はまずまずだったのですが。。。
選手紹介では、『ときにアジア人は食べることに関してすばらしい才能があり、、、』とかいうふうに紹介してくれてたけど、そのアジア人って小林尊
(53.5本)とかソーニャ(32本)のことを、やはり言ってるんだよねえ。そんなには食べられないんですけど。。。(しかも位置がセンターだったし、ちょっと恥ずかしい。。)。
さて、今回は、最初の1本目をうまく食べられず、1本で胃がいっぱいになってしまい(つまり、うまくゲップが出ない状態)、その後も、なんか変な感じで、あんまりスピードが上がらず、4分半くらいで5本を食べたところで、急激にスピードが減少。そのまま、あとは3本しか食べられず、残り30秒で、とりあえず、最後の1本を全部ほおばって、結局、記録的には去年と同じ9本(12分間)。10本目の壁は限り無く高い。。。
よくよく考えてみると、一昨年の一番最初の時が8本半。まったく伸びがなかったなあ。。(別に訓練していたわけではないけど)。
今年の参加者はあまり有名な実力者は来てないようで、毎年の顔なじみばかりでした。左隣りの巨大なオジサンは毎年家族で来ていて、去年もいたことを覚えていてくれてました。この人は毎年15本くらい行くので、うまく行けば予選突破も可能な実力者。今年も16本くらいで3位でした。
右隣の若者は、体はそんなに大きくないながら、ステーキとか、いろいな大食いチャレンジをしている人だそうで、出だしはすごくよくて半分の時間くらいで7本食べたのに、その後、急激にスピードダウンで結局、8本1/4くらいだった。12分間では、この辺が一般人の限界なんだよなあ。。。
ちなみ今年も東京大会が実施されるみたいで、ネーサンズ日テレプラザ店前で6月11日に行われるらしい(もらったT-シャツには5月31日と書いてあったが)。『10本以上完食の自信がある方のみ、ご出場可能です。』って、今回のフィラデルフィア大会はそんな人、たぶん5人もいなかったぞ(全16人中)。さすがにレベルが高い。日本に帰ってから、東京大会に出場するためには、もう1本食べれるように訓練しなくては(もう一生、出ないのではなかったのか?)。
イメージ2
今年はベランダ(?)でひっそりではなく、建物の横の広場で行われた。よく晴れたいい天気だった。
イメージ2
優勝者がもらえるトロフィー。優勝者は7月4日のNYCでの決勝への出場権も与えられる。
イメージ2
いつもIFOCEのイベント情報などを送ってくれている秘書?のナンシーはこの人だった。今回は受付をしに来ていた。
イメージ2
今年の司会(右)もリチャード・シェイだったのだろうか?風貌が去年とは全く変わっていて(髪の毛を短くして)、サングラスも一度もはずさなかったし、話す機会もなかったので、分からなかった。
イメージ2
ソーセージがはさまれる前のパン。ソーセージは横の冷蔵庫にしまわれている。
イメージ2
毎年この背の高いオジサンがホットドッグの準備をしてくれる。
イメージ2
毎年恒例の本大会前の子供のマナー大会。いかに口のまわりにケチャップをつけないで食べられるかが勝敗の分かれ目。なんだけど、結局、全員が優勝になる。
イメージ2
始まる前の写真。今年は特に選手の並び順は考えていなかったようで、申し込み用紙の重なっている順に並べたみたい。なので、ど真ん中で食べることに(中央に置いてあったトロフィーのすぐ横)。
イメージ2
二皿完食への道は遠い。。。
イメージ2
観客を撮ってみた写真。結構近いので、まん中の方の人しかレンズにおさまらず。この3、4倍くらいの人がいる。
イメージ2
今年の優勝者。今まで見たことがないので、ルーキーか?20本半食べたらしい。
イメージ2
今年もらったTシャツ。ナンシーにサイズを聞かれたので、Lが欲しいと言ったら、XLがいいと思うな、と言われてXLを渡された。じゃあ、聞くなよ。



中国人のパーティ さすが中国人度
2005年6月18日、同僚のポスドク中国人の新居を祝うパーティがあり、招待されました。招待されたのはラボの関係者だけだったのだけど、ホストを入れて18人中、12人が中国人。普段以上に中国語だらけ。アメリカ人の大学院生とそのボーイフレンドが比較的早い時間に帰ってしまったので、中国人比率はさらに高くなる(12人/16人中)。招待してくれた中国人ポスドクは、四川地方の出身だそうで、セーブして作ったみたいだけど、それでも辛めの料理が多く、それでいて美味しいものばかり。たらふくいただきました。余った料理はお土産にもらってしまった。

イメージ2
持っていった巻き寿司。アドガドとダシ卵とウナギが具材。これを3パック。余ったので持って帰ろうとしたら、中国人の母親が気に入ったとのことで、お土産と交換に置いて帰った。
イメージ2
白菜と鶏肉をトマト風味にピリカラに煮た料理(左)とピーマンと牛肉をピリカラに炒めた料理(右)。美味しい。どれも御飯がすすむ。
イメージ2
お土産にもらった枝豆とホウレン草とエビをピリカラに炒めた料理(左)と中国風のピザ(右、韓国風お好み焼きパチョンみたいな感じ)。美味しい。



アーミッシュの絞りたてジュース お薦め度
イメージ1
お店の看板。
レディングターミナルマーケットに入っているアーミッシュの店(Arch St.沿い)では、絞りたてのジュースが買える。値段は高いけど、思わず行くと買ってしまうくらい美味しい。本物を食べているみたい。なら本物を食べれば、とも思うけど。。。他に売られている牛乳やアップルサイダー、エッグノッグなど軒並み美味しい。

Lancaster County Daily, Juices & Drinks
12th & Arch Street
Philadelphia, PA 19107
イメージ2
並べられているジュースや牛乳など。
イメージ2
ハーフガロン(約1.89リットル)のオレンジジュース。6.5ドル。
イメージ1
1/4ガロン(約946ml)の牛乳(1.3ドル)とタンジェリンオレンジジュース(4ドル)。



アーミッシュの住んでいる村(後編) お薦め度
2005年6月25日、前編のまま終わっていたアーミッシュの村に再び連れて行ってもらう。今回の食べた店は、ランカスターのビジターセンターお薦めのアーミッシュ料理の店。ここもやはり素材を生かした素朴な料理でなかなか美味しく、バッフェ形式なので、ついついたくさん食べてしまう。こういう料理を出してくれる店って日本でもありそうでないよねえ。よい。

The Family Cupboard
3370 Harvest Drive, Intercourse, PA 17534
TEL: 717-768-4510

イメージ2
ランカスターの中心部辺りの写真。
イメージ2
レストランの建物はこんな感じ。
イメージ2
料理はこんな感じ。
イメージ2
馬、馬、馬、、、
イメージ2
Kauffman's Fruit Farmのアップルサイダー(炭酸ではない)。ここはリンゴ製品が多い(アップルバターケチャップとか)。
イメージ2
アーミッシュ人形(宗教上の理由で顔を後の世に残してはいけないので人形にも顔がない)。どこの店もだいたいMade in Chinaだったが、ここはハンドメイドだった。この辺りでは一番お薦めのお土産屋。値段は高め。



オーボンパン お薦め度
ベーカリーカフェのチェーン店、Au Bon Pain。駅とかで、よく見かける普通のお店。見た目、とても甘そうなパンなど売られている。ラボのある建物の1階にもあるため、お腹が空いた時に、たまに利用している。値段は安いとは思わないけど、夕方になると50%オフになるところが嬉しい(と言っても昼間は買ったことがないので、表示の価格をちゃんと取られるのかは知らない)。
イメージ2
うちのラボのある建物のところの店はこんな感じ。
イメージ2
こんなのとか
イメージ2
こんなのとか
イメージ2
こんなのとか
イメージ2
こんなのとか
イメージ2
こんなのとか
イメージ2
こんなのとか
イメージ2
こんなのとか
イメージ2
こんなのとか温かいのもある。



今年球場で食べたもののまとめ そろそろネタ切れ度
今年になってから球場で食べたもの(明記していないものはシチズンズバンクパーク)。

Citizens Bank Park
One Citizens Bank Way, Philadelphia, PA 19148-5249

Yankee Stadium
E. 161 St. and River Ave.,Bronx, New York, NY 10451
TEL: 212-307-7171

イメージ2
ターキーレッグを食べているところを撮ってもらった。はじめ人間ギャートルズで肉にかぶりついているところを思い起こさせてくれる。誰かが食べているところを見ると、つい食べたくなる。
イメージ2
外野通路アッシュバーンアレイの一番奥ライト寄り『Bull's BBQ』のターキーレッグ。巨大。見た目はすごく美味しそう。ちょっと辛め。パンとか欲しい。7.5ドル。
イメージ2
1階の内野通路で買ったチリナチョススプリーム。チーズ、トマト、ペッパー、チリソース(マメ)の下にはチップスが埋まっている。全体的に結構辛い。5.75ドル。
イメージ2
ヤンキースタジアムの『Top Dog』で買ったホットドッグ。好きなものをトッピングしてもらえる。他より高いが、他のはほとんどがパンとソーセージだけなので、一番気が効いている気がする。6.5ドル。
イメージ2
『Peace a Pizza』は『Geno's steaks』の隣にあるが、アッシュバーンアレイでは唯一軒ぜんぜん混んでいないのですぐ買える(アッシュバーンアレイでは『Geno's Steak』と『Tony Luke's』がかなり混んでいて、『Bull's BBQ』と『Chickie's & Pete's』と『Planet Hoagie』はそこそこ混んでいる)。
イメージ2
アッシュバーンアレイのピザ屋『Peace a Pizza』のピザ。ペパロニピザを買ったが、ちょっとトマトソースの酸味が強いような気がした。3.75ドルか3.5ドル。
イメージ2
『Planet Hoagie』はベストオブフィリー2004に選ばれた店。『The Best Hoagies on the Planet』のうたい文句で売っている。
イメージ2
ホギーの中にはこれでもか、というくらい、ハムがたっぷり入っている。入れたくない具材があったら、外してもらえるので、胡椒は少なめにしてもらうといいかもしれない。
イメージ2
アッシュバーンアレイの『Planet Hoagie』で買ったイタリアンホギー。なかなか美味しいが、ちょっと胡椒が強かった。他に3種類くらいある。7.75ドルくらい。



MailBox メール ←その43へ トップページへ その45へ→

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO