Title

フィラデルフィア大食らい日記〜その48


ギャロ 三たびミドリマート
More Than Just Ice Cream カモ
アーミッシュの村の野菜 アーミッシュの村のレストラン〜ファイナル
最後のランチはアーミッシュ フィラデルフィア最後の食事

←その47へ  その49へ→



ギャロ お薦め度
2005年8月27日、フランクリンミルズに連れて行ってもらい、モールの中のフードコートで昼食。ラップのお店(クレープのような食べ物のお店)でギャロという食べ物を食する。まあ、普通においしいかな。

Great Wrap
1455 Franklin Mill Circle, Philadelphia, PA 19154
イメージ2
これがギャロ。ポテトとジュースのセット。
イメージ2
Great Wrapというお店。
イメージ2
モールの中にあるベンジャミン・フランクリン?



三たびミドリマート がんばって従業員を教育しよう度
2005年8月27日、またミドリマートに行く。まだまだ従業員の教育は全然なっていないけど、かなり混んでいた。韓国人が多いけど、白人もそれなりに入っている。オーナーの人の話しでは、昨日は全然入っていなくて、こけるかな、と思ったらしい。とりあえず、まだ手際が悪すぎるので、なんでも催促しないといけないけど、頑張ってやっているようだ。いろいろな種類をお腹いっぱい食べてても、ひとりせいぜい15-20ドルくらい。安いぞ、やっていけるのか?この店。ちなみに9月9日には、あの料理の鉄人、森本正治が食べに来ていたらしい。さらにちなみに、名前の『ミラン』というのは『美しい』とかいう意味だそうな。

Miran Korean Restaurant
2034 Chestnut St., Philadelphia, PA 19103
TEL: 215-569-1200
Mon-Sat: Lunch 11am-3pm
Dinner 5pm-10pm
Sun : Closed
イメージ2
シーフードパンケーキ。パッチョンとかチジミとかとも言う。
イメージ2
最初に出てきたネギのサラダ。なのかな?それとも焼肉と一緒に食べるための物?
イメージ2
最初に出てきた小皿たち。
イメージ2
かき混ぜたところ。
イメージ2
石焼きビビンバ。具材がいろいろある。これはウナギ。
イメージ2
スンドゥブ。
イメージ2
ポークカルビ。
イメージ2
肉のコンビネーションは3種類が固定となった。これはビーフの薄切りかな?
イメージ2
ビビン冷麺。なかなか美味しい。
イメージ2
新装オープンのお祝の花は一つだけ。
イメージ2
肉を焼いているところ。鉄板は簡単に焦げてしまう。すぐに取り替えてくれるけど。
イメージ2
これがカルビかな?



More Than Just Ice Cream お薦め度
2005年8月28日、ムービングセールでベッドを売り、約15ブロックを6人掛かりで運んだ帰りに一服、アイス食べる。ベストオブフィリー1999、2002にも選ばれている人気のある店。

More Than Just Ice Cream
1119 Locust St., Philadelphia, PA 19107
TEL: 215-574-0586
イメージ2
レモンシャーベットと
イメージ2
タンジェリンアイス。
イメージ2
こんなマーク。



カモ まかないって美味しそうに見えるなあ度
2005年8月29日、やはり安く食べられるのだから、食べられるうちに定期的に食べなくては、というわけで、中華街に鴨を食べにいく。夜中に行ったにも関わらず、それなりにお客は入っている。さすがは中華街。店内はタバコくさい。ここの中華街の面白いところは、どの店も従業員がご飯を食べるのに、お客と同じところで食べるということ。これは中国人にとっては当たり前のことなのか?それともアメリカの中国人だからなのか?それともフィラデルフィア特異的なことなのだろうか?(ラボの中国人に聞いておけばよかった。。)。

香港焼臘飯店(Hong Kong peking Duck House)
925 Race St., Philadelphia, PA 19107
Tel: 215-922-3277, Fax: 215-922-5998
イメージ2
となりのテーブルでまかないを食べる従業員達。なんか美味しそう。
イメージ2
イカを揚げたもの。どうしても注文する物は、いつも似たようなものになってしまう。9.95ドル。
イメージ2
最初に出てくるピーナッツを炒ったもの。そういえば、ラボの中国人もパーティの時、自分で作ったのを持ってきていた。
イメージ2
ペキンダッグのホイシンソース。こういうソースはやはり美味しい。さすが。
イメージ2
ペキンダッグのダッグ。次にこのボリュームでペキンダッグを頬張れるのは、いつの日になることか。。(アメリカ出張の時?)。13.25ドル。
イメージ2
ペキンダッグのバン。つづりは『BUN』。



アーミッシュの村の野菜 お薦め度
2005年8月30日、仕事は休みをもらって、レンタカーで、アーミッシュの村、ランカスターに行ってくる。メインの道から、はずれたところの道ばたに何軒か野菜や果物の販売所があり、安いので思わずたくさん買ってしまった。どれもなかなか美味しかった。もうちょっと近くに住んでいるのなら、これだけ安くて美味しいのなら、毎週買い出しに行ってもいいと思うくらい(車があるのなら)。
イメージ2
一軒目の道ばたの看板。
イメージ2
こんな店。
イメージ2
山積みのメロンとスイカ。
イメージ2
巨大なスイカ。9.9キロ。3.25ドル。一緒に写っているのは500mlのペットボトル。
イメージ2
冷蔵庫の一段を占領。食べるのを協力して下さった方々、どうもありがとうございました。
イメージ2
甘くて美味しい。他にもいろいろな種類が売られていた。
イメージ2
メロン。いろいろな種類が売られていた。
イメージ2
もうちょっと熟れてから食べた方がよかったか?
イメージ2
これはThe Old Country Storeで売られているジャムの小瓶。一つ99セント。箱は1ドルか2ドル。レディング ターミナル マーケットKauffman's Lancaster County Farm Freshでも買える。
イメージ2
トウモロコシは12本で3ドル。
イメージ2
むいたトウモロコシ。
イメージ2
トウモロコシ畑はそこらじゅうに広がっているけど、大部分は家畜の飼料用か?
イメージ2
2軒目のお店。ここの店(販売所)は、特に名前もないらしい。
イメージ2
荷台に乗せられて売られているトウモロコシやメロン。
イメージ2
真っ赤なピーマン、美味しいそう!
イメージ2
赤いトマト。
イメージ2
黄色いトマト。
イメージ2
パン。
イメージ2
酸味があんまりない。
イメージ2
全然酸っぱくない。。
イメージ2
これも美味しかったなあ。
イメージ2
タマネギ。
イメージ2
ジャガイモ。美味しかったですか?
イメージ2
トマト一箱で6ドル。



アーミッシュの村のレストラン〜ファイナル お薦め度
2005年8月30日、アーミッシュ村で入ったレストラン。途中で道ばたの店(販売所、2軒目)のアーミッシュの若い女の子(14才くらい?)にお薦めのレストランを聞くと、アーミッシュの人達はあまり外食をしないようで、レストランは全然分からない様子。考えた末、そういえば、と教えてくれたのが『マクドナルド』。アーミッシュ系のレストランを教えてもらいたかったのだけど、アーミッシュの子供にとっては、アーミッシュ料理は自分の家で食べればいいんだよね(マクドナルドのような方が普段食べないから、彼女にとっては食べたいというわけか。。)。
結局、Bird-in-Handの道沿いにあった大きめのレストランに入る。ここもバッフェ(食べ放題)の店でランチで9.49ドル(1ドリンク付き)。アーミッシュ料理じゃない物も置いてある。従業員は一生懸命いろいろ説明してくれる。かなり働き者だ。

Bird-in-Hand Family Inn & Restaurant
2727 Old Philadelphia Pike, Bird-in-Hand, PA 17505
TEL: 1-800-665-8780
イメージ2
こんなところから食べ物を取ってきて食べる。
イメージ2
道路沿いにでている看板。
イメージ2
店の中の様子。とても広い。
イメージ2
こんなスープとか、
イメージ2
他にはこんなスープとか、
イメージ2
牛乳も美味しかった。
イメージ2
いろいろ、
イメージ2
いろいろ、
イメージ2
いろいろ、
イメージ2
アイスクリームはとても美味しかった。
イメージ2
いろいろ、
イメージ2
いろいろ、



最後のランチはアーミッシュ また食べたい飲みたい度
イメージ2
オレンジジュースとプレッツェルとチーズロール(中はソーセージ。このソーセージは激うま)。

2005年9月29日、フィラデルフィア最後の日。郵便局、ケーブルテレビの解約&ボックスの返還、電話代の支払い、買い物などなどで、一日中とびまわり、予定よりも大幅に遅れて、夕方レディングターミナルマーケットに辿り着いて昼食(この日のお昼くらいに、雨が降っていたのが大誤算。。)。最後に、アーミッシュ物を買って食べる。やっぱり、いいねえ、アーミッシュ。これがもう食べられないのは非常に残念だなあ。もっと頻繁に食べておけばよかった。。。

Fisher's Soft Pretzels and ice Cream
Lancaster County Daily, Juices & Drinks
12th & Arch St., Philadelphia, PA 19107


フィラデルフィア最後の食事 お薦め度
イメージ1
店内の入り口にあるバーカウンター。ここでも普通のメニューを注文出来る。
2005年9月29日、フィラデルフィア最後の食事は、木曜日なので、ずっと行きたかったBrasserie Perrierに行ってみる。この店はフィラデルフィアでは高級レストランとして有名なLe Bec-Fin(最近値上がりして、さらに行きにくくなったという噂だが)のオーナーシェフ、ジョージ・ペリエの2軒目のレストラン。しかし、残念なことに部屋の中の物の片付けなどに時間がかかってしまい、行ったのが遅い時間になってしまったので、木曜日の特別メニューのキングサイズ、クイーンサイズのプライムリブステーキはすでに売り切れだった。がっくし。。。かわりに、子牛のステーキを食べたのだけど、これはこれで美味しかった、満足、満足。でもキングサイズステーキ食べたかった。。。次こそは!(何年後だ?というか今後フィラデルフィアに行くことがあるのだろうか?)

1619 Walnut St., Philadelphia, PA
TEL: 215-568-3000
イメージ2
ドレスコードがあるため、ジーンズでは奥には入れないが、バーカウンターかその周辺の席(テーブル)、あるいは外ならオッケー。
イメージ1
子牛のTボーンステーキ。肉自体も美味しいし、美味しく焼いているし、ソースも美味しい。38ドルくらいだったかな?そんなに大きくはない(小さくもないけど)。
イメージ2
アペタイザーのチーズフォンデュ。チーズがとても美味しい。たしか14ドル。



MailBox メール ←その47へ トップページへ その49へ→

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO