Title

シアトル野球な生活の日記〜その10


シアトル一日目 シアトル二日目
シアトル最終戦

←その9へ  



シアトル一日目 マリナーズ選手のファンサービス度

2005年9月30日、ワイルドレース争いをしているフィリーズをほったらかしにして、はるばるシアトルに一度行ってみたかったセーフコフィールドに、マリナーズvsアスレチックスの3連戦を見に行く。最大の目的はもちろんイチローのサイン。メジャーリーグの試合を観てきて3年以上、55試合を見てきて、イチロー、松井秀のサインボールをゲット出来ていないのは、何とも悔いが残る。というわけで、シーズン最後の3連戦なら、あのイチローでもサインをくれるだろうと思って、行くことに決定(フィリーズの場合だったら、シーズン最後の方は、普段よりも選手は多くサインをしてくれるようになる)。
この3連戦はナイター、デーゲーム、デーゲームの日程なため、1日目にフィラデルフィアをたつと、3戦とも観ることができ、2日目にたつと、最終戦しか観ることができない、ので、もちろん3戦とも観る方を選択。
さて、第1日目、昼過ぎにシアトル-タコマ空港に到着。空港からバスでダウンタウンまで行き(1.25ドル)、ホテルにチェックインした後、野球観戦用の荷物を持って、さっそく、バスで来る途中に見かけたセーフコフィールドへ。時間に十分に余裕があったので、途中で遅いランチを食べ、歩いて行く(20分くらいの距離)。開門時間は公式ページには2時間前と書いてあるのだけど、マリナーズについて書かかれてあるいくつかの個人的なホームページや最新の地球の歩き方には、外野ゲートは3時間前に開くと書いてあったので、一応、念のために、2時間45分前くらいに着いてみると、どうやら3時間前というのは古い情報だったようだ。なので、まずはチケットを購入。イチローの一番近くの席をくれ、と言って購入(外野寄りの内野席前から6列目、35ドル)。その後、球場のショップに行ってみるとかなり広い。シアトルは日本人がかなりいる町なので、球場にもかなりたくさんの日本人が来ている(ヤンキースタジアム以上か?)。球場のショップにも、何人か日本人の従業員がいるのは、すごいと思った(ここで初日にみた日本人従業員の人達が、2、3日目の試合開始前に、ダッグアウトの後ろの最前列で、バットを持って選手のサインを狙っていたのには、それはちょっとマズイだろ、とも思ったけど)。
ショップでいろいろグッズをみたあと、2時間前に入場。この球場は比較的荷物の規制は緩いけど、飲み物の持ち込みが禁止(空ボトルはオッケー、食べ物は封がされていればオッケー)。球場内ではまずマリナーズ選手がバッティング練習をしている。なので、ダッグアウトの後ろ当たりで、練習をみながらウロウロ。すぐに練習は終わり選手は帰ってきたが、驚いたことにだれ一人としてサインをする人がいない!そしてファンもなんか、少し冷めている。どうやら、マリナーズという球団、普段から選手は全然ファンサービスなんてしないのか、それともダントツで最下位のためか、フィリーズのようにファンに『熱狂的』という言葉が全然ないという印象を受けた。結局、この日球場内でサインをしていたマリナーズの選手は一人(もらわなかったので誰だか分からないけど、結構短かかった。アスレチックスの方は5人くらい、2人ゲット)。シーズン最後のシリーズだというのに、なんとも肩透かしな感じだった。
試合の方は、もはやダントツ最下位のマリナーズに勝敗はどうでもよく、みどころはイチローの新人から5年連続200本安打(史上初)が達成されるかということのみ(それと、この試合は、今シーズンで引退のキャッチャー、ダン・ウィルソンの引退試合だった)。200本まであと2本と迫っていたイチローは、この日4本のヒットを放ち、あっさりと記録達成。試合もマリナーズが4-1のスコアで勝利(マリナーズの総ヒット数は9本)。前日、一睡もしていなく、3時間の時差もあるので、ウトウトしながらの観戦だったのだけど、この日のマリナーズのピッチャーは左腕のみだったので、アスレッチクス打線はほとんど右バッターだったため、イチローの守備機会も、ほとんどなかった。うっ、見どころが少なすぎる。。。
さて、試合終了後、選手の出口に行ってみると、ナイターの後とはいえ、待っているファンの数が少ない。たったの10人ちょっとくらいか?(フィリーズだったら、この時期なら50人くらいは待っているか)。どうやら、待っている人達の話しを聞いていると、出口は2箇所あるらしい。それにしても、人の数は少ない。そして、選手は誰も立ち止まることなく、行ってしまう。結局、なんの収穫もなし。
今日一日で感じたことはとにかく、選手もファンも熱くない。なんとなく上品すぎる。あと2日。はたしてイチローのサインはもらえるのだろうか?これなら、ワシントンDCに行ってフィリーズ最後の3連戦を見るべきだったか?という後悔の念もすでに少し湧いてきた一日目。。。

イメージ2
セーフコフィールドのレフト側の入り口。
イメージ2
試合前の練習中のマリナーズの選手達。
イメージ2
外野席から撮ったセーフコフィールドの写真。
イメージ2
セーフコフィールドの外野席。
イメージ2
セーフコフィールドの外野席の上段のブリーチャー。
イメージ2
セーフコフィールドの隣にあるシーホーク(アメフト)のホームスタジアム、クエストフィールド。
イメージ2
開閉式の球場、セーフコフィールドの屋根(球場の外から撮影、開いているところ)。
イメージ2
セーフコフィールドの屋根(球場の中から撮影、閉まっているところ)。
イメージ2
この日の席の見え方。
イメージ2
外野のマリナーズのマークの中に時計がある。
イメージ2
球場内にはニンテドーのゲームマシンが置いてある(野球ゲーム)。
イメージ2
この日はプロモーションデーで、チケットの座席番号でいろいろなグッツがあたる抽選が行われていた。
イメージ2
守備に付いているイチロー。とても寒い。気温は10℃ちょっとくらい。
イメージ2
出塁したイチロー。
イメージ2
この日の第一打席の時のイチローの打撃成績。3割を超えていなかったが、この3連戦で8本ヒットを打ち、らくらく3割を超えた。
イメージ2
ライトスタンドの最前列にヒットの数を出して応援するファン。ずっと1本間違えていた。
イメージ2
イチローの新人から5年連続の200本安打を祝福する電光掲示板。
イメージ2
前に座っている人達。寒いので、左側の人などたいていの人は結構厚めの上着を着ているが、右側の人達のように平気な顔でTシャツ姿の人もいる。層の厚さを感じる。。。
イメージ2
他球場の途中経過の電光掲示板。フィリーズ勝利、アストロズが負けた(逆転負けだった)。
イメージ2
この試合で引退のダン・ウィルソンをねぎらう電光掲示板。
イメージ2
うちの甥っこが書いたイチローの似顔絵。
イメージ2
有名なガーリックフライ(ポテト)。匂いに引かれて買ったが、ニンニク効き過ぎで、この量を1人で食べるのはちょっとキツイ。おまけに寒いので、すぐに冷めてしまうし。5ドルか5.5ドル。
イメージ2
絞りたてのレモネード。はちみつレモンみたいで美味しかった。たしか3.75ドル。飲み終わった後は球場の飲み水を入れるのに使った。球場の水は美味しくない(のでレモンを搾ってみた)。
イメージ2
マスターカードにサインアップしてもらったTシャツ。Tシャツしかやっていなかった。

アスレチックスのエースピッチャーのバリー・ジトのサイン。2002年のサイヤング賞ピッチャー。(カーソルをのせると。。)

アスレチックスのピッチャーのリッチ・ハーデン(背番号40)のサイン。なかなかいいピッチャー。(カーソルをのせると。。)
イメージ2
球場でもらったマリナーズポスター。来シーズンの日程が書かれている。



シアトル2日目 マリナーズファンの熱狂度

2005年10月1日、二日目の試合。一日目の夜PM11時頃に寝たので、起きられないということはないだろうと目覚まし時計を掛けなかったら、見事起きられなかった。。。(そういえば、ここのところ帰国の準備でまともに寝ていなかった疲れが。。)。起きたら、すでにAM10時40分。昨日の感じからすると、あまり期待は出来そうにないけど、イチローは200本安打を達成した翌日なので、もしかしたら、、、ということもあるかもしれない。というわけで、タクシーを使ってギリギリほぼ開門時間(AM11:05)に到着。チケットはレフトの外野席の2列目(24ドル)を購入出来た(この球場は外野席はROW23が一列目。どおりで、事前にインターネットで購入しようと思った時にROW20代しかなかったわけだ。。)。
シアトルは9月の後半くらいからは雨季になるそうで、昨日は、じめっとした天気だったが、この日はよく晴れた天気だった(試合の途中から土砂降りになった。開閉式の屋根付きの球場なので試合には影響なし)。
さて、せっかくタクシーまで使ったというのに、この日も試合前はほとんどサインをする選手はなし(マリナーズ選手は一人)。これには、本当にかなり呆れかえってしまった。シアトル在住の人はかわいそうに。。。弱いだけならともかく、このファンサービスの悪さでは、応援のしがいもないだろうし、応援が少なければ、選手のやる気もあまりでてこないだろう(弱いチームが強くなれない悪循環)。
さて、今日はセーフコフィールドで有名なイチロールを食べてみる。事前の調べでは、イチロールとは、スパイシーシュリンプロール(辛いエビ巻き)ということだったけど、食べてみた感想は、『カッパ巻きwithスパイシー天かす』に名前を変えれば、と思う味だった。もうちょっと美味しいものを作ればいいのに。。。お寿司はガッカリだったけど、この球場はいろいろな食べ物が売られていて、種類的には、かなり充実しているとは思う。
試合の方はイチローが今日は3本のヒットを打ち、ヒット数を205までのばしたが、三つのエラーを出したマリナーズが4-3で競り負け。
試合終了後は土砂降りの雨が降っていたこともあり、30分くらいして出口に行ってみると、たったの3人しか待っている人はいなかった(全員日本人)。気温自体も寒いが、本当に寒すぎる。。。の二日目。

イメージ2
3階通路から見える景色。
イメージ2
試合前に3階席にも上がってみた。
イメージ2
今日の席はこの席。残念ながら近くにホームランが来ることはなかった。
イメージ2
試合途中に雨が降ってきたために、閉じられる屋根。
イメージ2
セーフコフィールドのグランド。
イメージ2
外野席の下にある通路からブルペンが見られる。
イメージ2
ライトスタンドの通路にあるイチローの壁写真。
イメージ2
イチローを応援する日本人の団体。
イメージ2
イニング間のグランドの整備はグランドキーパーが踊りながらやる。
イメージ2
球場の外にあるイチローの壁写真。
イメージ2
自分の席の所にはピーナッツの殻が。アメリカ人にとって球場はゴミ箱。まったく気にはしないで、どこでも捨てる。
イメージ2
この日は球場内で選手のグッツなどのサイレントオークションが行われていた。
イメージ2
守備に付いているイチロー。
イメージ2
打席に立つイチロー。
イメージ2
イニング間の、マリナーズの守備が始まる前に、イチローの写真をとりに前まで来る人達。日本人だけではない。
イメージ2
値札のアップ。値段は500ドル。ここはヤンキースタジアムか。。。(ヤンキースタジアムでもA・ロッドのサインボールが550ドルで売られている)
イメージ2
いろいろな選手のサイングッツが球場内のショップで売られている。これはイチローのサインボール。
イメージ2
この先から選手は車に乗って帰っていく。
イメージ2
球場内のイチロールが売られているお店。熱燗なんかも売っている。
イメージ2
イチロールの拡大写真。スパイシー天かすよりもキュウリの方が多い、ふざけた食べ物。
イメージ2
イチロールのセット。ニギリとカルフォルニアロールとイチロールで14ドル。買うほどの物ではない。
イメージ2
球場内には、こういう店もある。
イメージ2
お土産カップのジュース。5.5ドルくらい。
イメージ2
球場内の売店Ivar'sで買ったクラムチャウダー。容器は酸っぱ目のパン。なかなか美味しい。7ドルくらい。
イメージ2
球場内で買ったマリナーズのマスコットのムースの縫いぐるみ。
イメージ2
球場内で買ったミニセーフコフィールド。
イメージ2
マスターカードにサインアップしてもらったTシャツ。
イメージ2
球場内で買ったマリナーズのピン。
イメージ2
球場内で買った鉛筆。
イメージ2
球場内で買った鉛筆セット。

マリナーズのクローザー(抑えピッチャー)のエッディー・ガーダッド。今季36セーブをあげた。(カーソルを写真の上に)

アスレチックスの中継ぎピッチャーのリカルド・リンコン。悪くはないピッチャー。(カーソルを写真の上に)
イメージ2
球場内で買ったキーホルダー。



シアトル最終戦 目的達成度

2005年10月2日、最終日、シーズン最後の日だから今日こそは!、とは全然思わないで、かなり冷めた気持ちで球場へ。やはりDCに行ってフィリーズを応援するべきだったか。。。と本気で思いつつ(今日、フィリーズが勝って、アストロズが負ければ、フィリーズはワイルドカード決定戦へ進出できる大一番)、小雨の降る中、球場の近くに行くと、スポーツショップが2軒あり(シーズン終了間際ということもあって、セールをやっていた)、買い物してからゲートへ。この日のチケットはすでにインターネットで購入済み。毎日チェックした結果買えたダッグアウトちょっと横の2列目という席(35ドル、すぐ隣のセクションは50ドルの席)。
開門と同時に球場内に入ると、シーズン最終日だというのに誰も練習をしていない。おいおい、あり得ないだろう、と思ったら、1人軽くフィールドを走っているマリナーズの選手がいる。むむっ、あの細い体はイチローか!?、もしかしたらと思い、とりあえず、戻ってくるならここだろうとと思われる、ダッグアウトの後ろの一番前に場所を取る。待つこと5分、イチローを目で追っていると、イチローはダッグアウトのちょっと先の観客席の方へ行ってサインをし始めてしまった!。慌てて走って近付きカバンからボールを取り出し、とにかく前へ。もう辺りは騒然、パニック状態。なかなか届かないが、なんとかイチローまで届くところまで行き、ボールを取ってくれる瞬間、前の人に押されてしまい体が浮き上がって(ほとんど前の人の背中の上に乗っている状態なので)イチローの手が空振り。。。しかし、ここから実力の見せ所、こちらは普段からフィリーズのシチズンズバンクパークで鍛えられている。このくらいの混雑ならいつも通りのこと。さらに前に押し入り、なんとかボールを渡し、イチローのサインをゲット!!!。すかざず、もう一つと思い、今度は帽子を取り出して、手を伸ばすが、サインゲットで一瞬油断したために、1歩後ろに押し流されてしまい、イチローはそのあと5人くらいにサインをして、ダッグアウトに帰ってしまいました。残念。。。しかし、後ろの方の人には、それは見えず、どんどん押してくるので、しばらくは全く動けない状態が続きました。
結局、イチローがサインをしたのは20-25人くらいかな。ファンの人達が話しているのを聞いたところでは、イチローは普段からほとんどサインをしないそうで、サインをしてくれる時でも、いつも5-10人くらいしかしないらしい(今日は長かったらしい。この日もらった地元のファンの人の話しでは、3年間通ってはじめてもらえたらしい。この人は球場内で立派な台座付きのボールケースを買っていた。この人と話していた、もらえなかった人は、『(押し合いへし合い状態が)ひどかった、あんなのだったらもらわなくてもいい』と言っていたが、これがこの球場の上品ぶりを象徴する言葉だろう。あんな状態でも欲しい物は欲しいんです。(というのが本当は本音だとは思うのだけど))。
さて、イチローのサインをもらって、この旅の目的は達成。というか、アメリカ生活の目的も達成?という感じで、充実感に浸っていると、さすがに最後ということで、マリナーズの選手は次々とサインを始めました。こりゃ、来るのは最終日だけでよかったか?それにしても、サインをもらうのに、列を作って並ぶファン。本当に上品な球場だ。。。(それでも主力選手はほとんどサインをしないという傲慢さ。。)。
今日の試合は、終盤に打ち込まれたマリナーズが8-3での負け。このチームやはり弱い(とくにブルペンピッチャーがダメだね)。本当にイチロー以外は売りがないような。。。
さて、試合終了後、今日は出口で20人くらい待っていたかな(ほとんど日本人の家族)。それでも、マリナーズ選手はサインをしない。したのはたったの3人(二人ゲット)。ダメだね、このチームは。。。
まあ、でもイチローのサインをもらえたので大満足でした。立派なボールケースでも買おうかな?

イメージ2
この日の席。前から2列目、素晴らしい席。
イメージ2
35ドルの席なのにクッション付き。素晴らしい。
イメージ2
最終戦ということで、グランドには『THANKS』の文字が。
イメージ2
試合前に何かのアニメのキャラクターかな?椅子取りゲームをしていたが、あまり注目している人はいなかった。。
イメージ2
最終戦で、日曜日だというのに、この人の入ってなさぐあい。353,00人(/47,116人)
イメージ2
ライトスタンド2階には『Hit It Here Cafe』というのがある。ここにホームランボールが当たったら、何かあるのだろうか?
イメージ2
出塁しているイチロー。
イメージ2
マリナーズで今シーズン、唯一人そこそこ活躍したリッチー・セクソン。今シーズンのチームMVP。でかい。
イメージ2
試合中ずっと気になっていたフィリーズとアストロズの試合は、フィリーズは勝ったのだけど、アストロズも勝ってしまったため、フィリーズの敗退決定。
イメージ2
球場内のショップで積まれて売られているイチローのサインボール。一つ500ドル。
イメージ2
球場内のショップで売られているイチローのサイン入りの写真(額付き)。
イメージ2
値段のアップ。660ドル。球場でこういうグッツを売っていることでも、歪んだ球団であることが分かる。
イメージ2
球場内のショップで売られているイチローのサイン入りのジャージ(ユニフォーム)。
イメージ2
値段のアップ。1100ドル。こういうのを球団が売って利益をあげるのではなく、選手が球場でサインをすることで、ファンが何度も球場に足を運んでもらうようにしなくてはいけないと思う。
イメージ2
この日食べたチリ・ブレッド。パンにあまり合っていないような気がした。
イメージ2
球場内のショップで売られているイチローのサイン入りの写真(額なし)。
イメージ2
値段のアップ。450ドル。ここで売られているということは、選手があまりサインをしないのは球団の方針ということなのだろうか?
イメージ2
あまりに寒いので、思わず買ってしまったホットチョコレート。3.5ドルか3.75ドル。
イメージ2
ライト側のゲートの前にある大きなグローブのオブジェ。
イメージ2
球場内外には至る所に日本語が書かれている。
イメージ2
球場内のショップで1セント硬貨を加工。
イメージ2
イチローのサインボール。サインをしているところの写真をとる余裕は全くなかった。ファン達はみんな『イチローさん!、イチローさん!』と特にアメリカ人が叫んでいた。

アスレチックスの藪恵壹のサインボール(背番号13)。黙々とかなり長い時間やっていた。この3連戦で登板機会はなかった。(カーソルを写真の上に)

マリナーズのマスコット、ムースのサイン。日本語の名前入り。中に入っているのは日本人か?(カーソルを写真の上に)
イメージ2
イチローが去ってからしばらくしても辺りは騒然としたまま。
イメージ2
去り行くイチローの自動車(中央)。シルバーの日産のインフィニティ。
イメージ2
入り口で選手を待っている人達。寒いのでじっと待っていられない。

マリナーズの3番バッター、レフトを守るラウール・イバネスのサイン。打率0.280、本塁打20本は、ちょっと物足りない。(カーソルを写真の上に)

マリナーズの先発ピッチャー、ライアン・フランクリン。今シーズン8勝15敗、防御率5.10。(カーソルを写真の上に)

マリナーズの2塁手、ホセ・ロぺス?のサイン(背番号4)。ブレット・ブーンの後、今シーズン、レギュラーに定着した21才。(カーソルを写真の上に)

マリナーズの中継ぎピッチャー、マット・ソーントンのサイン(背番号53)。メジャー2年目のピッチャー。(カーソルを写真の上に)

マリナーズの中継ぎピッチャー、スコット・アトチッソンのサイン(背番号27)。メジャー2年目のピッチャー。(カーソルを写真の上に)

上段はマリナーズの中継ぎピッチャー、ジョージ・シリーリのサイン(背番号52)。これまた、メジャー2年目のピッチャー。下段はマリナーズの遊撃手、マイク・モースのサイン(下、背番号12)。今年デビューしたばかりのルーキー。23才。この試合は先発出場した。(カーソルを写真の上に)

マリナーズの中継ぎピッチャー、J.J.プッツのサイン(背番号20)。なかなかいいピッチャーだ。(カーソルを写真の上に)

マリナーズの先発ピッチャーのジェフ・ハリス?のサイン(背番号58)。今年メジャーデビューしたばかり。(カーソルを写真の上に)

マリナーズの控えキャッチャー、レネ・リベラ(背番号30)。22才。(カーソルを写真の上に)



MailBox メール ←その9へ トップページへ

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO