Title

フィラデルフィア野球な生活の日記〜その4


幻のチケット ヤンキース最終戦
リトル松井上陸 サヨナラホームラン
松井稼頭央 シチズンズ バンク パーク
今シーズン初観戦 フォール オブ フェイム クラブ

←その3へ  その5へ→



幻のチケット 期待してたのに度

今年のフィリーズは最後の3試合になるまで(9月25日)、プレーオフ進出をかけて試合をしていました。9月21日にはインターネットで、やるかどうか分からないジャイアンツとのプレーオフのチケットが発売されました(プレーオフは9月28日に公式戦が終ったあと、9月30日には始まるため)。結局、プレーオフには出られなかったのに、他の球団よりも一番早くからチケット販売をはじめてしまったフィリーズ(ちょっと恥ずかしい。。)。最後の9試合が2勝7敗じゃねえ。。。この勝負弱いところをなんとかしてほしい。
イメージ2
せっかく買ったのに、結局、払い戻しに。。。約1時間でほぼ完売。普段24ドルの席が35ドルで売られていた。



ヤンキース最終戦 サイン入手難度

2003年9月28日、雨の中、ヤンキースのシーズン最終戦(このあと、プレーオフなどがあるが)を見に行く。今回の目的は松井、ジータ−、ジアンビ、などなどのサイン(ヤンキースは誰でも超有名な選手だし)。
しかし、試合の1時間半前くらいまで、けっこう強い雨が降っていたということもあり、試合前の練習時間は大幅に減少。そのためか、この日は誰もサインをしてくれる選手はいなかった。残念。。。天気のいい日を狙った方がいいようだ。
試合自体は消化試合なので、1軍クラスのレギュラーは、首位打者争いをしているジーター、1番バッターのソリアーノ、先発ピッチャーのウェルズ以外は松井しか出場せず。その松井もたった1回打席に立っただけで、交代。つまんないの〜。
今年のヤンキースタジアムは、過去最高の入場者数だったらしい。松井効果は大きいようだ。となりに座っていた日本人のグループは『次はアウェイだな、あと2試合くらい残ってるんじゃなかったっけ?』とか言っていた。普通、野球では敵地での試合はロードというのだが、まあ、それはいいとして、なぜ、この人達は、この試合が最終戦だということを知らないで観戦しているのだろうか?こんな何も分かっていない人達まで、試合を見に来てしまうくらいだもの。ヤンキースは松井を獲得して大正解。

イメージ2
球場の駐車場に入る松井の車。黒の三菱の車。
イメージ2
球場に入る松井。頭が大きい。
イメージ2
松井を待つ日本人のプレス。ところかまわずタバコを吸っている。同じ日本人として恥ずかしい。。。
イメージ2
本日の先発ピッチャーのデビッド・ウェルズ。1998年には完全試合をしている。
イメージ2
松井秀喜がヒットを打つと電光掲示板に『HIT-DEKI』と表示される。
イメージ2
ヤンキースタジアムに敷かれている天然芝。いい球場だ。
イメージ2
ヤンキースタジアムのフードコート(フライドポテトなどの売り場)。いつも、このくらい行列が出来てる。
イメージ2
フライドポテトなどの売り場のすぐ隣のピザ売り場。ガラガラ。
イメージ2
さらに隣の中華料理、寿司売り場。こっちもガラガラ(この3枚は同じ時に撮った)。
イメージ2
試合終了後、球場から帰る松井。運転している。
イメージ2
試合終了後、駐車場に向かうウェルズ。ものすごくラフな服装。
イメージ2
試合終了後、選手を待つファンに、『選手の代わりに僕がサインをしてやろう』と言ってるポリスマン。



リトル松井上陸 1試合くらいシェイスタジアムにも行きたい度
イメージ1
スポーツ雑誌ESPNマガジンの表紙を飾った。この号では8ページの特集記事が載っていた。

結局、松井稼頭央はメッツに入団しました。選手総年棒がヤンキースについで高額なのに、2年連続ナ・リーグ東地区の最下位、かの弱小フィリーズよりも弱いメッツ。今シーズンはせっかく新庄が所属していたのに、飼い殺しにして、ほんとに球団経営が下手だというところも見せてくれたが、来シーズンはどうなるのだろう?またまた、有能な選手を使いこなすことが出来ないのだろうか?それとも、松井稼頭央が低迷してるメッツの救世主となるのだろうか?そして、またシーズン終了後は、新人王争いで揉めるんじゃないかなあ。。。(学習しないメジャーリーグ機構)。



サヨナラホームラン アメリカン度
イメージ1
まあ、これはMetroの記事なんだけど。。。

どうもアメリカ人は、ホームランを日本語では『サヨナラ』と言うものだと勘違いをしているのか、ホームランボールが飛んでいく様を『サヨナラ』と言うものだと勘違いしているような気がする(ホームランが飛んでいって消えてしまう、というイメージと『サヨナラ』の本来の日本語の意味が合っているような気がしているのだろうか?そういえば、テレビで野球中継の実況をしている人がホームランの時、『Good-bye』と叫んでいることがある)。
今日の新聞でも、東京ドームで行われたヤンキースvsデビルレイズ戦の、マルチネスのホームランの写真の上に、『Sayonara』と書いているし、この前のヤンキースvs巨人のオープン戦の松井のホームランも、ヤンキースの公式ページで『See-ya-nara』とか書いてあったし。どっちも別にサヨナラホームランと言うわけではないのに。。。さすが、アメリカ人、自分勝手な解釈をさせたら世界一。。。(でも、勘違いしてても、他の国の文化を少しでも受け入れようとしているというか、理解しようとしている姿勢は評価出来る。珍しいことではあるが。。)。



松井稼頭央 Mets vs Phillies戦のチケット入手難度
イメージ1
ニューヨークデイリースポーツニュース紙の写真。ニューヨークポスト紙と全く同じ写真。同じ系列の新聞社なのかな。
イメージ1
オープニングの試合の次の日のニューヨークポスト紙の写真。初球ホームランの写真かな?

松井稼頭央がんばってるね。アメリカにいるうちに一試合くらいはシェイスタジアムにも見に行きたいなあ。。。フィラデルフィアにも来てくれるけど。

Mets vs Phillies in Philadelphia
5/31-6/2, 7/5-7/8, 9/3-9/5(今年は全部で10試合)



シチズンズ バンク パーク フィリーズにはもったいない度

今年4月、フィリーズの新球場『シチズンズ バンク パーク』がオープン。大空の下で野球をやろう、という考えの、今はやりのいわゆる『ボールパーク』形式の球場。オープンしたてということで、とてもキレイ。フィールド上は天然芝だし。難点は前の球場に比べて2万人ほど入場出来る数が減ってしまったこと(43,500席)。それに入場料も前よりも少し高くなってしまいました。そして、何よりも新しく出来た球場に行ってみようという人が多くて、今はかなり入場者が多いのがちょっと。。。(フィリーズはこんな人気のある球団ではないはずなのに。。)。試合開始前は食べ物を売っている売店は長蛇の列となっている。チーズステーキやBBQを売っている店などは軽く100人以上は並んでいる。はやく、いつものガラガラの球場にならないかなあ。。。

イメージ2
売店に並ぶ人々。すごい数。肉系の料理の売店は人気があるようだ。
イメージ2
外野の裏側の通路の入り口の辺り。この先は人が多くなる。
イメージ2
サード側の入り口。駅からは一番最寄りで5分くらい歩く。
イメージ2
他球場のスコアボード。得点と回だけでなく、アウトカウントやランナーまで分かる。表示されている得点じゃない数字は投げてるピッチャーの背番号らしい。
イメージ2
フィリーズの選手がホームランを打つと音が鳴る。
イメージ2
入り口の前にあるマイク・シュミットの像(フィリーズの過去の名選手)。やはり古き良き過去に浸るフィリーズ。



今シーズン初観戦 フィリーズいまひとつ度

2004年4月21日、ついにフィリーズの新球場『シチズンズ バンク パーク』にマーリンズ戦を見に行く。チケットはアパートで33ドルの席を12ドルで購入。マーリンズは昨年ワイルドカードながらワールドチャンピオンに輝き、その勢いを持続しているかのように今シーズンも首位をひた走っている。
試合は、フィリーズは1、2回と連続でダブルプレーでチャンスをつぶし、ホームランで簡単に点を取られる、さい先の悪すぎるスタート。5回裏、相手のエラーに乗じて、同点としたフィリーズは、主砲トーミィのホームランもでて一挙5点をあげる。これで、勝ちかな、と普通は思うが、やっぱりフィリーズ。変わったティム・ウォーレルは最初からあっぷあっぷ状態で、全然ダメ。それでもなんとか、1点で抑えてチェンジ。かと思いきや、ベルが1塁に悪送球で1点を献上、さらに3点取られて、結局ベルのエラーがなければ、4点はなかったはず。ベルはこの前もエラーをしていたし、打率もじょじょに去年の定位置の1割台に向かって、現在2割台前半まで下がってきたし、ベルにこだわることはないだろう、ボーワ(監督)よ。
それでも、起死回生のリッキー・レディーの逆転ホームランが飛び出し、よし、これで、快速球投手ワーグナーも見れるし、万々歳と思いきや、9回の表に登場したワーグナーはどうも連投であまり調子がよくないようで、速球も98マイル(157キロ)が最高。先頭バッターにホームランを打たれて簡単に同点に追い付かれてしまって、そのまま延長戦突入。
延長戦では再三チャンスを作るが後一本が出ないフィリーズは12回表にリバーサルのエラーが原因で勝ち越しをゆるし、連敗。結局終ったのは11時半過ぎ。この日は冷たい風もけっこう吹いていて、かなり寒かったし、なんだかものすごく疲れる試合だった。。。打撃はだんだんよくなってきたが、どうも決定力にかけるし、それに、どうにかならないものかな、このエラーの多さは。。。

イメージ2
去年の球場『ベテランズスタジアム』の瓦礫。その向こうにはフィラデルフィアの町並みが見える。
イメージ2
外野近くの内野席の30列目。12ドルにしてはいい席だったと思う(普通に買うと35ドルだけど)。
イメージ2
新守護神『ビリー・ワグナー』。小さい頃、怪我が原因で、左で投げるようになったが、本当は右利き。書くのも右手。
イメージ2
がんばるボーワ(監督)。審判にむかって、抗議するが通らず。退場になるのを少し期待していたが。。。
イメージ2
寒いのにフィリーズのチャンスに服を脱いで応援する若者達。何度も脱いだが、結局報われず。。。
イメージ2
終った時間は11時半過ぎ。試合時間は4時間30分。この日、マーリンズのローウェルには3本ホームランを打たれた。



ホール オブ フェイム クラブ ランディ・ジョンソン見れてよかった度

2004年5月1日、シチズンズバンクパークに、あのランディ・ジョンソンを見に行ってくる。いくら土曜日でも売り切れることはないだろうと、思ってとりあえず球場に行ってみると、なんと立ち見席すら、すでにSOLD OUT。どうしてしまったのだろう?何かおかしい?フィリーズがこんな人気があるなんて。。。本当に、球場が出来たてで、狭くなってしまったことだけが原因か?はやく落ち着かないかなあ。。。
で、途方にくれて球場のまわりをふらついていると、いたいた、見るからに怪しそうな黒人のおにーちゃん。『売り切れだよ、売り切れだよ』と、立ち見席(定価10ドル)に50ドルふっかけてきた(まだまだ開始時間まで2時間近くあったし)。立ち見席じゃ、20ドルまでしか出せないという線はゆずれなかったが、彼は30ドルまでしか下げなかったので、もういいやと思い、またふらふら。すると、今度は一見ふつうな格好の中年の白人のオジサン。お腹を開けてズボンの中からチケットをチラッと見せて(ってどこに入れてたんだ?)、『1枚80ドルだよ』と声をひそめて言う。この席、定価は42ドルだが、普通では購入することが出来ない『Hall of Fame Club』という席。この人の持っていた席は、ホームベースにかなり近く、しかもこのセクションの1列目の席(前に人がいないというのは、かなりポイントが高い。オークションでは、もっと悪い場所のHall of Fame Clubの席が1枚55ドルで売られていた)。元々、立ち見席でもいいや、と思っていたのに、1列目だし、なんだか急に欲しくなってしまいました。が、手持ちは60ドルしかなく、この人もしょうがないなあ、という感じで60ドルで譲ってくれました。額面42ドルなら、手数料など入れて結局50ドル近くする席なので、悪くない買い物かな(通常は手に入らない席だし)。
さっそく球場に入ってみてビックリ。この席のある場所は、このチケットを持っていない人は入れないように隔離されている場所にある。床も絨毯引きだし、全然雰囲気が違うし、なかにいる人達もちょっと違う(まず黒人がいないし、じつはアジア人すら一人もいなかった。。)。入っている売店もちょっと高級な感じだし、売っている人の服装もちゃんとしているし、売っている食べ物も、まあ値段も高いが、なんか美味しいし。また、来ることがあるのだろうか?この場所?
試合が始まって、席について観戦してみると、さらによく分かるこの席の良さ。ものすごく見やすい(一番前だし)。たしかに1枚60ドルの価値は十分にあると思う。で、試合はというと、ランディ・ジョンソンでかいなあ、の一言に尽きるかな。彼が現役のうちに生で見れて良かった、しかもこんなにいい席で。フィリーズ的にはエラーのおかげで、ランディ・ジョンソンから3点を奪うが、結局は逆転され、そんなに盛り上がるところもなく。トーミィもスタメンから外れていたし、今日はランディ・ジョンソンということで、最初から捨てていたのか?

イメージ2
ランディ・ジョンソン。やはりデカイ!迫力ある!
イメージ2
自らヒットを打つランディ・ジョンソン。
イメージ2
『Hall of Fame Club』からの眺めはこんな感じ。角度的にも見やすい。
イメージ2
球場とは思えない、まるでホテルのようなキレイな廊下。
イメージ2
廊下のソファーでくつろぐ人達。ここはほんとに球場か?
イメージ2
壁には一面、本物の公式球が埋め込まれているところがある。
イメージ2
食べ物を売っている売店。
イメージ2
バーはこんなところにあった。
イメージ2
球場の向こうにはフィラデルフィアの町並みが見れる。
イメージ2
椅子にもクッションが付いている。
イメージ2
これは普通の席の椅子。
イメージ2
球場で働いている人達をガラス越しに見ることができる。
イメージ2
球場でクレジットカードに申し込んでもらったバスタオル。結構大きい。どうせリジェクトされるので、そうしたら、また申し込んでもらおうっと。
イメージ2
球場内にあるATMでお金をおろすと、たまにTシャツなどが当たるらしい。
イメージ2
この日はこんなに入った。ちなみに席数は43,500。



MailBox メール ←その3へ トップページへ その5へ→

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO